純ジャパの僕が、英語勉強開始3ヶ月でネイティブに間違われ、12ヶ月でグローバルエリート達と仕事ができるようになるまでにやった英語勉強法

 

「英語がでない人生を、想像するだけでもぞっとする。 」

正直英語が話せることで、これまで受けてきたメリットがありすぎる。

英語が話せたから アメリカのIT企業CEOに刺激をもらい 、自分の会社を立ち上げられた。

英語が話せたから、時価総額1,000億円以上のインドの スタートアップ企業との商談が実現できた。

英語が話せたから、 日本の価値観に縛られずに、自分の生きたい道を選択することができた。

仕事やプライベート問わず、 僕の人生を豊かなものにしてくれた 「英語」というコミュニケーションツール。

単なる言語の習得にとどまらず、世界中に自分の人生の可能性を無限大に切り開く、最強のツールだと感じます。

 

しかし、今のグローバル社会の中で、あまりにも英語を使って、自分の人生を切り開ける人が少ないことに、もったいなさを感じています。

決してネイティブレベルでなくていい、「伝わる英語」をいち早く身につけ、そしてあなたの専門性と組み合わせることで、変化の激しい時代でもグローバルに活躍する人が一人でも増えればと思い、僕の英語勉強法を公開させていただきます。

 

合わせて読みたい

 

目次

海外にほとんど出たことがなかった僕

 

前提として、僕は純ジャパニーズで帰国子女ではないです。

そして、勉強を開始した当初は、僕は海外には殆ど行った事がなく、インドに1週間、韓国に3日程度の海外ド素人でした。

帰国子女や外国人教師の方は、あまりにも純ジャパニーズとバックグラウンドが異なるので、体系化して教えられる人はほぼ見た事がありません。

ちなみに僕は、初めは英語が得意な方ではなく、学校のテストでもあまり点は取っていません。特にリスニングは壊滅的でした(笑)

高校入試では、直前まで志望校に対してE判定でしたが、悔しくて死ぬ気で勉強したら偏差値が20上がり、偏差値が2つ上の高校に入って人生が変わったタイプです(笑)

 

大学入試では関西のある私大を受けましたが、結構ギリギリの点数で受かりました。 東大や京大なんで、宇宙人が行く所。早慶上智は神の領域。 Marchはなんかおしゃれな響きで都会っぽい。 そもそも、東京が怖かったのであまり知りませんでした(笑)

しかし、世の中にはすごいやつがいっぱいいるということになぜか悔しさを感じ、自分がいるフィールドで死ぬ気で勉強したり行動してきて、なんとかそれなりの結果を出してきたタイプです。

いつも要領が悪くて怒られ続け、割と不器用に生きてきたので、英語や仕事ができない人の気持ちは人一倍分かります。

そして、これまで1000冊以上もの莫大な量の本を読んで、大学教授と議論し、全国規模の学生イベントをよくやっていたので、割とアカデミックに物事を体系化したり、新しい概念を創出するのが得意かもしれません。

そして、英語を学ぶきっかけになったのは、インドで会社の創業に関わる事になったタイミングで、かなり高度な英語が求められる事を想定していたため、一流のビジネス英語が使えるようになることにこだわりがありました。

 

日本人の英語力に関する問題意識

僕は日本人の英語力についてかなり危機感を持っています。

「その情報英語で検索したら文献は1000倍あるよ?」 みたいな事が仕事でも勉強でも、何でも起きます。

逆に英語ができるだけで、ビジネスにおいて活躍の幅が広がります。 英語ができないというメンタルブロックによって、莫大な機会損失を生んでいることになります。

僕が海外で仕事をしながら思ったことは、日本の大企業の駐在員の方でも、個人差はあれど全体的にディベートやディスカッション、交渉やプレゼンテーションができるレベルにはなっていない方が多く、「大丈夫か日本?」と不安になったことを覚えています。

これは、そもそも日本の英語教育が座学中心なものになっている事がおかしく、英語を話せない教師が「英語は難しい」と苦手意識を植え付け、英語ができない日本人を再生産している構造に問題があると考えています。学校の英語教師でもまともに話せる人はあまりいません。

 

英語が話せるだけで、思考のスケールが1億から一気に70億になる

これは本当にパラダイムシフトレベルです。

何か事業を興そうと考えるときに、日本市場で行うか、グローバルスケールを前提として行うかで全く発想が異なります。 もう、これは根本的に異なるのです。

日本人が思う日本と海外から見た日本は異なるため、それを前提としたマーケティングやビジネスモデルを創る必要があるのです。 と前置きが長くなりましたが、英語学習方法について書いていきたいと思います。

 

最初にやるべきことは、英語勉強の目的を明確に定めること

これはあらゆる物事に共通した普遍的な真理のようなものですが、「何のために」という動機が最も大切です。

例えば、ビジネス英語は話せるようになりたいのか、TOEICで点数を取りたいのかで全くアプローチが異なります。 そこで、各前提条件を整理するために、マトリックスを作ってみました。

アカデミック英語にはあまり強くないので憶測になってますが(笑)

f:id:gayan2:20160419094124p:plain

筆者作成

これは、ビジネスで使いたいのか、アカデミックで使いたいのか、そして話したいのか書きたいのか、聞きたいのかをを一つ一つ整理する必要があります。

この記事で目指すのはビジネスでもアカデミックでも、日常会話でもプレゼンテーションでも通用する、英語学習の基本です。

 

次にやるべきは、英語ができた状態を具体的に想像してテンションを上げること

これは自己啓発系の世界では「アファメーション」と言うのですが、これを徹底してやりました。 まず、参考にしたのは神田昌典さんのこの本。

非常識な成功法則

自己啓発の世界ではかなり有名な本です。

この中で一番良かったのが、目標を紙に書く事です。

しかも「過去形」で。

例えば、僕の場合は以下のような感じです。

僕は英語が話せるようになったことで、今は世界中のビジネスマンと英語を使って、これからのビジネスについて話していることに誇りを感じる。

 

これってよく胡散臭いとか言われるのですが、脳科学とか仏教とか東洋思想を勉強していると当たり前の思想です。要は信じてやるかやらないかです。

そして、僕の場合は、アファメーションにしたことは人生でほぼ全て達成しています。 3年かかるかなーと思っていた事は、大体1年以内に達成するという脅威の実現力でした(笑) 科学的な裏付けが欲しい方は、これを読むといいと思います。

 

努力はいらない! 「夢」実現脳の作り方

 

非ネイティブの日本人として目指すべき英語のレベル

そして、意外と日本人の英語学習者の多くが、意外と自分が英語ができている状態をイメージできていません。

これは義務教育ではネイティブスピーカーの英語が基準となっているため、非ネイティブの日本人が後天的に英語を学んだ英語を、英語ができた状態として置くのが現実的だと考えています。

重要なのは、ネイティブのような完璧な英語を目指すというよりは、英語を勉強した先にある、現実的に可能なレベルに英語のゴールを設定することだと考えています。 こちらの記事では日本人として参考にすべき、英語スピーカーを10人まとめています。

 

合わせて読みたい

 

日本の英語史上最強の英語教材はコレだ!

僕が、日本で一番体系化されていて優れていると思う英語教材はこの本です。

英語上達完全マップ

この教材は、英語の学習ステップが体系化されており、どんな人でもレベルに応じてトレーニングできるようになっています。

では、僕がこのステップに沿ってどのように英語を学んできたかを書いていきます。

f:id:gayan2:20160419100528p:plain

参照元

 

英語学習1ヶ月目にやったこと

まずは、「自分はなんで英語を勉強するのか?」という目的意識を明確にしました。

僕の場合は明確で、グローバルで影響力のある事業をやるために、一流のビジネス英語を身につけるというものでした。

そのためには、会話は大前提として、ライティングや同時通訳、リスニングやボキャブラリーを増やさないといけないと考えていました。

そして、最適な英語教材は何かとAmazonを漁っていると、英語上達完全マップを見つけ、早速購入しました。

そして、英会話はこの本から始めました。

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

これは、簡単な中学生レベルの英語を、瞬間的に脳内で英語に置き換え、話すというもので、脳に英語の思考回路を開拓するためにシンプルかつ効率のよい教材です。

f:id:gayan2:20160419101939j:plain

参照元

画像にあるように、シンプルなワードを瞬間的に英文にします。

意外とこれが難しいのですが(笑)

僕は、大学に通いながら毎朝6時くらいに起きて、川を歩きながら、街を歩きながら、時には大学の講義中も徹底的にこの訓練をしました。

睡眠、食事以外の時間は全てこれに費やしたと言っても過言ではありません。

このテキストを確か1ヶ月半くらいで50回以上繰り返したのですが、もうこのタイミングで驚くほど口からすらすらと文法通りに英語が出てくるようになっていました。

この練習の時にかなり役立ったのが、別売のアプリです。もはやこのアプリは便利過ぎて神の領域です。笑

このアプリはテキストと完全に対応しており、音声を聞きながら瞬間英作文の練習をする事ができます。

以下はアプリのキャプチャです。

このように日本語の問題が出題され、

f:id:gayan2:20161031235136j:plain

数秒後には回答が表示されます。

f:id:gayan2:20161031235110j:plain

この回答が表示されるまでの制限時間内に、自分の口から瞬間的に英作文をするため、常に緊張感を持って英語の勉強に取り組むことができます。

僕は常にスマホにイヤホンを接続して、このアプリで学習していました。最初にテキストで全体の文法を確認した後に、アプリの学習に移行するのが最も効率的です。

アプリはここからダウンロードできます。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

  • Beret Publishing Co. INC
  • 教育
  • ¥1,200

当時は海外になんて殆ど言った事のない僕でしたが、日本国内でこのアプリで学習をすることで、で語学習得のみを目的とした留学はする必要がないと確信しました。

ある程度のレベルまでは国内で十分可能です(笑)ちなみに留学は、多様なバックグラウンドを持った人たちとの交流が、自分の人間の幅を広げてくれるのでおすすめです。

 

英語の発音について

上述した教材を使って音読しながら、ひたすら自分の音声を録音して聞き、ネイティブの発音と自分の発音の違いを聞き比べて一つ一つ修正していきました。

このタイミングでは、この本を読んでいました。

この著者の方は天才的で、カップラーメンの容器を顔の前に持ってきて、自分の音声が聞こえる装置を作って発音を強制していたようです(笑)

ちなみに、発音が正しくできるようになると、それに比例してリスニングの能力が上がります。 脳が認知できる音声の幅を広げていく事で、聞き取りも問題なくなります。

余談ですが、日本人は発音があまり上手くない方が多いですが、最低限は訓練しないとビジネスの現場ではナメられ、対等な交渉ができません。

よく、インド人の経営者レベルの方から

「あいつは部長なのに、発音がヤバいな。教養の無さを感じる」

的なことを言われて、現実を知りました。

 

英語学習2ヶ月目にやったこと

学習を開始してから2ヶ月目では、使える構文のパターンの数を増やす事と、ボキャブラリーを増やす事に重きを置きました。

使用した教材はこちらです。

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

これは、青い本「瞬間英作文」よりも複雑な英語の組み合わせでできている構文をひたすら瞬間的に頭の中で組み立てていきます。

この本は20回程度繰り返したと思います。

こちらも、前作同様アプリがあったお陰でかなり学習がはかどりました。

そして、さらにボキャブラリーを増やすため、英語の思考回路を強化するために、音読やシャドーイングをひたすら行いました。その際に使用した教材はこちらです。

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)

これは1冊のテキストで、音読、リスニング、リピーティング、シャドーイングをすべてパッケージ化して行う事ができるので、かなりお得です。

音読の効果は文構造・意味を把握している文を脳、音声器官を通じて出し入れすることで、脳に効率的に英語の思考回路を植え付けることです。

この時、脳科学も同時に勉強していたので、脳にいかに効率よくインプットとアウトプットの神経回路を形成するかということに重きを置いていたため、非常に納得性のある内容でした。

音読もいくつかのカテゴリに分かれます。

リピーティング

リピーティングは聴いて理解した英語を、そのまま自分の口から繰り返します。具体的には、英文の間にポーズ(休止)が小刻みに入ったテープを使用して、空の状態で英語が言えるようにします。 

f:id:gayan2:20160421090653g:plain

引用元

これは、CDで流れてくる英語を一旦聞いて、それを数秒後に自分の口から空で話すというトレーニングで、本当に瞬間的に英語が出てくるという絶大な効果を発揮しました。

これは、各章30回以上は音読しかたと思います。

シャドーイング

シャドーイングは、リピーティングとは異なり、ポーズのない英語の後を聴きながら少し遅れて同じ英文を繰り返すトレーニングです。

f:id:gayan2:20160421091330g:plain

引用元

この教材でシャドーイングしながら、同時にステーブジョブズのスピーチを500回くらいシャドーイングした後、12分間のスピーチを暗唱できるレベルにまでもっていきました。

www.youtube.com

これは、音声と同時にスクリプトが書かれているので、とても学習がしやすかったです。なるべく自分が好きなスピーチを教材として使用する事をお勧めします。TEDなどの音声学習もおすすめです。

www.youtube.com

 

英語学習3ヶ月目にやったこと

このタイミングでは、会話には困らないレベルにはなっていましたが、ビジネスや社会問題などのディスカッションをするレベルの言い回しやボキャブラリーがあまりありませんでした。

そこで、以下の教材を使用し、単語力の強化に努めました。

DUO 3.0

この本は、瞬間英作文の著者森沢洋介さんには以下のように絶賛されています。

一つの例文中に複数のターゲット単語を散りばめた画期的な例文型単語集(ボキャビルの項参照)。しかも、例文は自然で遊び心に溢れている。6000語レベル。DUO以降同じ形式の単語集が数多くでたが、例文がギクシャクするなどうまくない。髪型、格好だけキムタク風に決めたお兄ちゃんというテイのものが多い。今のところDUOは他の追随を許さない孤高の風情。英語学習者のためには、良質のDUO型単語集に次々と出現して欲しいもの。街じゅうがキムタク・レベルのイケメンで溢れ返ることより望まれる。

 

僕も受験勉強で単語帳は一通り見ましたが、一番強いのは文脈の中で正しく覚えるタイプの英単語帳でした。単語単体で覚えるとなかなか用法が分からず、苦労します。

ちなみに、英会話を勉強するために、単語や英会話に通う事から始める方がいますが、誤った学習法の場合が非常に多いです。

まずは、英語の思考回路を瞬間英作文と音読によって完全に構築してから、単語や言い回しの勉強をするべきです。

ネイティブレベルのビジネス英語の言い回しについてはこの2冊の教材が秀逸でした。

 

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100

この本は、小学生レベルの簡単で自然な言い回しを覚える事ができました。

もちろん100フレーズ全て暗記しました。

 

英会話ペラペラビジネス100

これはビジネスレベルの英会話が体系的に、分かりやすく書かれています。

本当に、実際のビジネスの現場で使われる表現ばかりで目から鱗でした。

もちろん100フレーズ全て暗記しました。

 

バイリンガール

息抜きでこの動画にも癒されました(笑)


好きなことで、生きていく – BILINGIRL – YouTube TVCM

 

オンライン英会話

また、このタイミングでオンライン英会話も開始しました。

英語の基礎が出来上がってきたタイミングではとにかく話す回数を増やしていくことがとても効果的です。これについては、スポーツに例えてみると分かりやすいかもしれません。まず、素振りなどの基礎的な訓練を積んだ後には、ひたすら練習を行う事で応用力を身につけます。

英語も同じで、ある一定量のトレーニングを積み、簡単な英文法を使用して、言いたいことが口から瞬間的に言える状態になれば、あとはひたすらトレーニングのみです。

そのためのトレーニングについてですが、オンライン英会話がとてもおすすめです。

価格がとても安く、一日に25分程度のレッスンをほぼ毎日入れることができるため、常に英語の刺激を受けている環境を創り出す事ができます。

僕は週に4回程度レッスンを入れていましたが、オンライン英会話の講師と英語を話すことで、英語の自然な表現や外国人と英語で話す事に対するメンタルブロックを取り除いていきました。

オンライン英会話は僕も色々と試してみましたが結果的に講師の質や予約のしやすさ、価格などの観点でDMM英会話を選びました。最初の2回は無料でレッスンが受けられるので、とりあえず雰囲気を掴んでおくと良いと思います。

DMM英会話を無料体験する

英語学習のモチベーションを上げるために読んだ本

少し脱線しますが、時折モチベーションが下がる時は、自分がグローバルな市場の中でビジネスをしていることをイメージできるような本を読んでいました。

世界へ挑め!

これはテラモーターズの徳重社長の本です。これからグローバルで戦いたいと思っている若者の必読書です。この本を読んで、ソニーやパナソニックのような、日本から世界を変えるようなメガベンチャーを創りたいと本気で思うようになりました。

 

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?

エール大学、ハーバード大の研究員を経て、アメリカの国家戦略を起案する超名門シンクタンクに所属されている田村耕太郎さんの本です。

何度かお会いしたことがありますが、迫力とマッチョな肉体には圧倒されました(笑)

真のグローバル人材とはどんな人かが分かります。

 

前へ!前へ!前へ! ―足立区の落ちこぼれが、バングラディシュでおこした奇跡

社会起業家であるグラミン銀行のムハマド・ユヌス博士に憧れ、東進衛星予備校のビジネスモデルでバングラディッシュで予備校を創った税所さんの本です。

社会的な問題意識に基づき、グローバルに活躍されてる姿に感銘を受けました。

 

英語学習4ヶ月目以降にやったこと

ここからインドに渡ったため、現地で仕事をしながら生の英語を学んでいきました。

僕が行ったバンガロールは意外とインドなまりの英語のみでなく、ブリティッシュイングリッシュを話す人が多く、聞き取りやスピーキングには殆ど苦労しませんでした。

電話でのセールスは最初かなり苦労しましたが、最終的にはインド人と、電話での会話のみで商談が成立し、お金をいただくレベルにまでなりました。

ビジネスをしていた相手は、ビルゲイツとも取引していたような、インドのIT関連の大企業の会長クラスの方や、世界中から患者を受け入れるグローバルホスピタルの経営企画層。そして、外資系の一流ホテルの役員クラスの方など、彼らとは英語で対等に仕事ができるようになりました。

 

ネイティブと対等に英語を話せること目指す

ここで言う「ネイティブと対応」とは決してネイティブのように聞こえる英語を話すことではなく、ボキャブラリーや会話の速度、議論のレベルがネイティブと対等であるということです。

そもそも、ビジネスの交渉では相手と対等な立場に立つ必要あり、語学の面で引けを取ると、アンフェアな条件を飲まされたり、相手にされない可能性があります。

さらに、英語のみでは足りません。

高度なロジカルシンキングやクリティカルシンキング、問題解決思考や分析的思考、コンセプチュアル思考、そして専門性が求めらます。

ロジカルシンキング系の本は、少し難しいですがこちらもおすすめです。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

ここまでできて、グローバルの一流企業のCEOやDirectorクラスの方、政治家の方々と対等に渡り合える土俵に立てるのではないかと考えています。

求められるハードルはかなり高いですが、世界中のエリートと対等に渡り合い、世界的な問題を解決していける可能性に満ちていることを想像すると、ワクワクできるのではないでしょうか。

 

英語ができるようになることで、見える世界が1億から70億に広がる

本当にこれはパラダイムシフトレベルで、世界が広がります。

これはバックパッカーや留学をしているだけではなかなか味わえません。

高い志を持って本気で英語を学び、泥臭いビジネスの現場で汗や血を流しながら獲得した生の英語は、一生の財産になることを保証します。

あなたには、英語を本気で勉強し、同時にロジカルシンキングやクリティカルシンキングを学び、グローバルな渦に巻き込まれながら、高い志を持って、日本のプレゼンスを上げていけるような仕事をしていただきたいと思います。

 

独学で英語を学ぶのは難しい..という方へ

これまでは、主に独学でビジネスを中心とした英会話を習得する方法について書いてきました。しかし、これは正直忙しいビジネスマンが独学でやるには、少しハードルの高いメソッドかもしれません。

よくおすすめの英会話スクールを聞かれることがあるのですが、グループレッスン系のスクールや外国人講師とのマンツーマン型だと、習得までに若干時間がかかると感じています。

グループレッスン型では一人あたりの話す量が限られており、同じ受講者に気を使ってしまい、話す全体量がどうしても減ってしまうからです。

また、外国人講師とひたすら話すタイプのスクールであれば、「日本人が第二言語として英語を習得する」という点に置いて、どうしても日本人が躓きやすい文法や発音の教え方の点で弱いと感じています。

近年、僕もいろんなビジネス系の英会話スクールを見ていますが、最も学習効果があると感じるスクールは「パーソナルトレーニング型」の英会話スクールです。

このタイプのレッスンは、最初に受講者の目的を徹底的に定めて、日本人で英語を習得した講師が、英語を最短で学ぶ手法を教えてくれます。また、パーソナルトレーニングのため、レッスン以外の時間でも、コーチと気軽にLineで質問が行えることがポイントです。

費用はある程度高額にはなりますが、日本にいながら、最短で現実的な英語を学ぶスクールとしてはベストではないかと考えています。

パーソナルビジネス英会話のスクールとして、僕がおすすめするのは、「TOKKUN ENGLISH」です。

このスクールの創業者は、世界的な外資系コンサルティング会社の、マッキンゼー出身で、ビジネスの現場で英語を使われてきた方です。また、講師はビジネス経験がある方を厳選しており、日本人が最短で英語を学ぶ方法について、熟知されている講師が揃っています。

まずは、無料体験であなたの英語学習の課題をコンサルティングしてもらうことをおすすめします。

オンラインでの対応が可能なため、日本全国に生徒がいいますが、東京でのスクールに通うことも可能です。

合わせて読みたい

3 件のコメント

  • すごく、よくわかります。このくらいやらなきゃモノにはできません。本当にできる人は凄く勉強しています。。
    皆さん似たような感じです。
    歌なら100回、映画も100回、インタビューも100回て繰り返しています。真似してみました^_^なかなか、しんどくて楽しいです。
    このくらいのレベル、乗り越えます。
    しないいいわけしないで、やります。
    わかりやすい道筋です。ありがとうございます。
    こういう情報をさがしていました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です