なぜ「0秒思考」の実践でメンタルが強くなるのか?

f:id:gayan2:20160325180839j:plain

「0秒思考」という本を実践した結果、

最も自分が効果を感じたのは「メンタルを病まなくなった」ことだ。

元々「思考力を上げたい」とう目的で取り組んでいたが、

思わぬ副産物として「メンタルが強くなった」というものがある。

そもそも「0秒思考」とは何か?

f:id:gayan2:20160325180846j:plain

0秒の思考とは、上の図のように、

A4の紙に1件1ページ、4~6行、各20~30字のメモ書を、
1ページを1分以内にさっと書く。それを1日に10ページ書くというレーニングだ。

拍子抜けするほど、シンプルだ(笑)

僕はこれをやり続けて3週間後に、以下のような変化を感じた。

・論理思考力が飛躍的に上がった

・話し相手のロジックの漏れに瞬時に気づくようになった

・話の論点を瞬時に把握できるようになった

(同時に他のロジカルシンキング系のトレーニングもしていいたので、

0秒思考だけで上記を達成したとは言い切れない)

しかし、最も自分の中で大きな変化があったことがある。

メンタルを病まなくなり、安定してパフォーマンスが発揮できるようになった

0秒思考によって得た最も大きな恩恵。

それは「思考と感情の切り分け」ができるようになったことだ。

0秒思考では、思考したものを瞬間的に文字に起こす。

その制限時間は1分だ。

そこに「悩む」という余地はなく、瞬間的に言葉にせざるを得ない。

そうすると、気付けば思考と文字に起こすまでに「感情」が排除され、

これまでなんとなくモヤモヤしていた感情がクリアになった。

以下は、0秒思考前の僕の状態だ。

以前は「感情」を介したアウトプットをしていたため、自己保身の感情や、

自身のなさで声が小さくなっていた。

f:id:gayan2:20160325183019p:plain

以下は0秒思考をやった後の僕だ。

「感情」を廃することができ、意志決定の正確性やスピードが圧倒的に早くなった。

そしてなにより「正直」になった(笑)

f:id:gayan2:20160325183003p:plain

ちなみに、思考とアウトプットまでのスピードが早くなり、

このブログの量であれは、完成までの25分程度で終わるようになった(笑)

つまり、人々の頭を悪くしていたのは、

「感情」というノイズであったことに気づいた。

みなさんもぜひ0秒思考で、メンタルを強くして欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です