英語のコーチングとは?効果や英会話スクールとの違いまで徹底解説!

  • TOEICの点数は悪くないけど、英語で自分の意見を発言できない…
  • 英会話スクールに行ったけど、英語の学習時間が少なくて、英語ができるようになった実感がない…
  • 仕事で忙しい毎日の中で、英語を勉強する時間を作るのが難しい…

英語の勉強をするのにあたって、こんなことでお悩みではないでしょうか?

最近はグローバル化というトレンドもあって、とりあえず英語の勉強を始める人が増えています。
そして、中にはTOEICでは800点以上をさらっと取ってしまう人も、たくさんいます。

しかし、「実際の仕事で使えるか?」と考えた時に、苦笑いしてしまう人がホント多いですよね…笑

何を隠そう、僕も、テストの点数だけは取れるタイプでした。笑
大学入試では、英語の試験を点数稼ぎにしているくらい、英語は得意であり好きでした。

でも、いざ外国人に道で話しかけられたり、旅行先で日常会話をしたりする時、
全然思った通りに英語が出てこないんですよね。。

なんとか外国人に身振り手振りで伝えようとしても、相手の顔には「???」マーク。

「あれ、自分日本だと、一応英語が得意な部類に入るんだけどな…」

といったように、英語を話すたびに、挫折感を感じる自分が本当に絶望的でした。

悩んでいる人

あれから数年。

僕は、いまでは毎日のように、海外企業と英語を使って仕事をしています。

テレカンファレンスや、商談、そしてバーでの談笑まで、英語で困ることはほとんどなくなり、英語が話せている自分にかなり自信を持てるようになりました。

今回は、そんな僕が英会話の勉強をしていた時「あったらいいな」と思っていた英語学習サービス、「英語コーチング」をご紹介したいと思います。

すぐにでもおすすめの英語コーチングスクールを知りたい方は「英語のコーチングスクールおすすめ9校を徹底比較」をご覧ください。

この記事では、

▷そもそも、英語のコーチングとは何か?

というところから始まり、

▷なぜ、英語の学習にはコーチングが有効なのか?

▷これまでの英会話スクールやオンライン英会話とどう違うのか?

を説明することで、英語コーチングが有効な手段であることをお伝えします。

そして最後に、

▷英語のコーチングスクールに通う方法

を紹介させていただきます。

 

英語のコーチングとは?

英語のコーチング

そもそも、「英語のコーチング」とは何でしょうか?
いちばん分かりやすい例えとしては、「ライザップ」のような、パーソナルトレーニングを思い浮かべてください。

そうです、英語を取得するために、スパルタでトレーニングをするイメージが適切でしょう(笑)

これを英語に置き換えると「英語学習における目的を設定し、それを達成するためにトレーナーがフォローする」ということなんです。

そのために、英語学習のパーソナルトレーナーが学習者をサポートするサービス。それが、英語のコーチングなのです。

これまでの英会話サービスとは違うの?

最近になって、英語のコーチングが注目されています。その理由は、なぜなのでしょうか?

それをひも解くために、これまでに日本で一般的だった英会話力を上げるためのサービスを振り返ってみましょう。

これまでに、日本国内にいながら英会話を上達させようと思うと、次の2つの選択肢がありました。

これまでの英会話上達の選択肢
  1. 英会話スクール
  2. オンライン英会話

1. 英会話スクール

英語の先生

英会話スクールはこれまで英語を勉強するために、最も一般的なサービスでした。

英会話スクールは実際にスクールに通い、主にネイティブの先生と週に1~3回程度、1時間ほどのレッスンを受けるというものです。

しかし、英会話スクールのデメリットとして、英語を学習する時間が十分に確保でないことがあります。

そもそも、僕の経験から振り返ってみても、週に2回程度のレッスンだけでは、英語は絶対に話せるようになりません。

英会話スクールでは、通学時にレッスンをしている時しか、英語を学習する時間がないことが多いのです。そのため、英会話を習得するまでに必要な学習量が圧倒的に足りなのです。

2. オンライン英会話

オンライン英会話

2005年頃からインターネットの発達に伴い、「オンライン英会話」が急速に普及しました。
オンライン英会話は、一般的な英会話スクールと異なり、どこにいても受講することができるため、英語学習時間を確保しやすくなりました。
さらに、フィリピンなどの国の講師を雇い、「1ヶ月5,000円で話し放題」という格安の料金を実現したのです。

しかし、オンライン英会話には次のような課題がありました。

オンライン英会話のデメリット
  • 強制力が弱いため、モチベーションが下がるとサボり気味になってしまう
  • 英会話の習得に向けた、具体的な学習計画を立ててくれない
  • 毎回先生が変わってしまい、継続して教えてくれる講師に出会いにくい

このような課題があるため、安い価格でいつでもレッスンが受けれられる環境でありながらも、オンライン英会話だけを使って英語をマスターした人は、かなり少ないのです。

英語のコーチングが解決できることは?

そんな中、近年あたらしい選択肢として、注目を浴びているのが「英語コーチング」です。

英語コーチングは、英語のあいさつや文法など、英語それ自体を教えるのではありません。
むしろ、英語の目標に向かって、どのように学習をしていくかという「プロセス」をサポートするものです。

英語のコーチングは、英会話スクールやオンライン英会話の課題であった、

  1. 英語を話せるようになるための、学習時間が圧倒的に足りていない
  2. 受講者のモチベーションによって、結果が左右される
  3. 一人ひとりの目的と課題に沿った、学習計画がない

といったことを解決できるようになったのです。

英語のコーチングが効果的な4つの理由

英語のコーチングは、一般的な英会話スクールやオンライン英会話と比較して、何が違うのでしょうか。

まず、英語のコーチングの特徴は次のようなものがあげられます。

英語のコーチングの特徴
  • 1日2時間以上の学習をすることで、英会話の習得に必要な量をこなせる
  • 英語学習のゴールにコミット
  • 一人ひとりの目標に合わせて、オーダーメイドのカリキュラムを作成
  • LINEなどのチャットツールで、講師がいつでも学習をサポート

といったものが挙げられます。

①1日2時間以上の学習をすることで、英会話の習得に必要な量をこなせる

英語の勉強

忙しいビジネスマンが、英会話力を上げるために、一番課題となるのな、学習時間の確保です。

ただでさえ、仕事や家族のために過ごす時間で忙しいのに、これ以上英語の勉強に使う時間がないと思う方が多いと思います。

時間がないという課題を解決するために、コーチングでは、何より先に、学習時間を確保することから始めるのです。

ほとんどのコーチングは、1日最低でも3時間の学習時間を確保することを前提としています。

そのため、通常の英会話スクールや、オンライン英会話のみを利用した場合の学習量と比較すれば、学習時間の差は一目瞭然です。

受講形式 平均英語学習量(1ヶ月あたり)
オンライン英会話 スカイプを用いた英会話 12.5時間(毎日25分行った場合)
英会話スクール 対面での英会話 4時間(週1回60分行った場合)
英語コーチング 受講者のレベルに合わせた
カリキュラム
90時間(毎日3時間行った場合)

学習時間を生みだすために、英語のコーチングでは「生活リズムの改善」を徹底して行います。

例えば、受講生は受講期間中、パーソナルトレーナーと相談しながら、次のような工夫をして学習時間を作り出します。

  •  受講中は飲み会に一切行かない
  •  毎朝5時半に起きて学習をスタートする
  •  会社の昼休みに外出せずに、デスクで学習をする

ここまで徹底して工夫することで、学習時間を捻出することができるのです。

②英語学習のゴールにコミット

英会話スクールや、オンライン英会話では、意外と「最終的に英語を使ってどうなりたいか?」という目標を、しっかりと確認しないことが多いのです。

気づけばいつの間にか、講師が提案している学習カリキュラムに沿って授業が進んでいた、なんてことはよくあります。

しかし、英語のコーチングであれば、まず初めに受講者が「英語を使って何をしたいか?」という、最終ゴールを徹底して確認します。

ビジネスなら、どのようなシーンで英語を使うのか、どのような人と、どのような内容を話すのかといった詳細までヒアリングを行い、ゴールをはっきりとイメージできる状態にするのです。

③一人ひとりに合わせて、オーダーメイドのカリキュラムを作成

カリキュラム

「英語を使う目的」は人によって異なります。会話力を上げたいのか、リスニングが聞き取れるようになりたいのか、TOEICのスコアを上げたい中で、学習すべき内容が全然違います。

また、英語の学習者によって、次のように抱えている課題も異なります。

  • 単語力がない
  • 文法力がない
  • 英語で話す量が足りていない

例えば、ある受講者がリスニングができないことに課題を感じているとします。

その原因が「単語力がない」ことにあるにも関わらず、「リスニングの音声を何回も聞く」という勉強をしていても、なかなか成果は上がりません。

そのため、課題を明確にして、それぞれの受講者の目的に合ったカリキュラムに沿って学習をすることがとても大切なのです。

英語のコーチングであれば、まずそれぞれの受講者の目標と現状の課題を徹底して洗い出します。

それを元に、カリキュラムを作成するため、無駄なく効果的に学習を行うことができるのです。

④LINEなどのチャットツールで、講師がいつでも学習をサポート

チャット

英語の学習をしている時、「勉強の進め方はこれでいいのかな?」と不安になる時がありますよね。そう思ったときには、できるだけ早く質問や相談をしたいものです。

しかし、英会話スクールや、オンライン英会話では、レッスンの時間内しかサポートが受けられません。

そのため、「この学習方法で効果が出ないけど、テキストを変えた方がいいのかな?」と疑問に思ったとしても、次回のレッスンの時間まで質問ができません。

しかし、英語のコーチングであれば、受講期間内であれば、LINEなどのチャットツールを使って、いつでもサポートを受けることができます。

そのため、ちょっとでも学習の進め方や、英語での言い回しに疑問があれば、その度に講師に質問することができます。

英語コーチングの効果は?

実際のところ、英語コーチングは効果があるのでしょうか?複数の英語コーチングのレビューから、効果を集めてみました。

外資系IT企業勤務の男性
現状分析と目指す目標のギャップを洗い出して、具体的な行うことをコンサルティングしてもらうスタイルが、納得できる内容だったため、参加を決めました。

受講期間中は、毎日シャドーイングを録音し、音声LINEを送り、コンサルタントにフィードバックをもらっていました。
そこでトライアンドエラーを繰り返したことで、スピーキング、リスニング力が向上しました。
出典:https://www.eigo-tokkun.com/article

メーカー勤務の女性
英語力を短期間で確実に向上させたいと思い受講しました。その結果、たった2ヶ月でTOEICのスコアを300点上げることができました。

スコアアップを短期間でできたのは、コンサルタントの綿密なフォローがあったからです。コンサルタントの綿密なフォローのお陰で、「やらなきゃ」という思いが強くなり、毎日コツコツと学習を進めることができました。
出典:https://www.eigo-tokkun.com/article

パイロットの男性
コンサルタントら目標に応じた学習内容を親身になって提案してくださり、目標達成に最短で到達できるよう、毎日メールを通じてフォローアップして下さります。

すべてが自分のためにオーダーメイドされたプログラムとなっていて、非常に心強く有難く思います。毎日3時間の学習を確保することも、担当コンサルタントと二人三脚で歩んでいくと、知らず知らずのうちに当たり前のものとなりました。出典:http://toraiz.jp/voice.html

英語コーチングを受ける方法

それでは、英語のコーチングを受ける方法について紹介します。

英語のコーチングを受ける方法は、大きく2つあります。

英語のコーチングを受ける2つの方法
  1. 英語のコーチングスクールに通う
  2. コーチングをしてくてる講師を見つける

①英語のコーチングスクールに通う

最近増えている、コーチングスクールに入会するという方法です。

スクールに通学するもの、オンラインのみでも受講ができるものがあります。スクールは東京周辺に集中していることが多いです。

コーチングに通うメリットは、プログラムやパーソナルトレーナーの質が安定しているため、結果を出しやすいことです。一方でデメリットとして、費用が高額になることが挙げられます。

おすすめの英語コーチングスクールを知りたい方は「英語のコーチングスクールおすすめ9校を徹底比較」をご覧ください。

②コーチを自分で見つける

自分で英語のパーソナルトレーナーを見つけ、レッスンをしてもらうという方法です。

ウェブや英語のコーチが見つかりやすいサイトでパーソナルトレーナーを検索するという方法があります。
パーソナルトレーナーを自分で見つけるメリットとして、スクールと比較して費用が抑えられること、相性の良いパーソナルトレーナーを選びやすいことがあります。
デメリットとしては、パーソナルトレーナーの質にバラツキがあるため、しっかりと選ぶ必要があることです。

まとめ

英語が話せる自分と、英語が話せない自分。

今の時代2つの自分の差は、年月が経つほどに、2度と埋められないものになるでしょう。

今後の社会では、目の前に広がる可能性や、収入面でも、「たかが英語」が命運を分けることだってあると思います。

僕自身、英語が話せたことで、海外からの情報収集や、海外企業とのネットワークを作り、新しいビジネスを立ち上げることができました。

いち早く、英語を話せる自分になるために、まずは一歩を踏み出してみましょう。

 

【厳選】結果の出る英会話スクール15選!

 

「今年こそは、英語をなんとか身につけたい…」

「でも、英語の独学には限界がある…」。

そんな方におすすめなのが、結果にコミットする「コーチング型」の英会話スクールです。

「コーチング型スクール」は、一般的な「ネイティブ講師と話すだけ」の英会話スクールと比べ、効果的な勉強法で、しっかりと学習時間を確保するスタイル。

それにより、「3ヵ月で英語の会議に参加できるようになった!」など、圧倒的に結果が出ることで評判です。

 

忍者

ここでは、20社以上の英会話スクールに実際に足を運んでレッスンを受けた僕が、「コーチング型」の英会話スクールを合計で15社厳選して紹介しています。

詳細は以下バナーからご覧下さい↓↓↓