会社にバレないように副業する方法を、在宅ワーカーの私が調べてみた!

くのいちさん
いまのままの稼ぎじゃ将来が不安。。もっと稼ぎを増やすために副業をしたいけど、会社にバレて解雇されるのが不安だし、どうすればいいんだろう。。そう思っていた私が、今回「会社にバレずぶ副業をする方法を調べてみました!

会社の給料がいつまでも上がらないという事実

突然ですが、みなさんの給料っていくらですか?よく「日本人の平均月収は◯◯万円」なんてニュースなんかで読んだり聞いたりしますが、そんなニュースを知ると、いつも自分は「みんなそんなにもらってるの?」と思います。

あの平均って20代から60代まで女性も男性も全ての人の給料の平均なんですよね。自分の年齢的なこともあると思いますが、はっきり言って平均に届くのなんて夢のまた夢です。

自分は、とある会社に入社して現在4年目。今の会社は転職して入社したので、人生で2社目の会社ということになります。転職当時は募集要項に「勤続年数に応じて昇級あり」と書いてあり、「今は給料が安いけど、少しずつ上がるなら良いや」なんて悠長に構えること数年。なんと全然給料は上がっていません。

いえ、厳密に言えば上がってはいるのですが、それはあくまで何千円単位。正直、このままでは1万円給与アップするのに、あと何年働いたら良いのか、という絶望的な気分になりつつあります。

自分は旅行が好きで国内外問わず、ふらっと出かけてしまうタイプなのですが、転職してから一度も旅行には行けていません。毎月の生活で、いっぱいいっぱいだし、一度旅行に行ってしまったら2度と今の会社で頑張る気持ちが起きないんじゃないか、という不安もあります。

お金がないと心にも余裕が持てないんですよね。今の自分は、自分の趣味に没頭するお金の余裕も、心の余裕もない状態なのです。

副業しないと無理!でも会社にバレるのが怖い!

もちろん、お金をもらうことはそんなに甘いことではありません。自分の会社での価値がその給与の値段なのだと言われれば返す言葉もないです。しかし・・・お金もっと稼ぎたいですよね。そして自分は「会社で給料アップが見込めないのなら副業してみよう」という結論にたどり着きました。1ヶ月にあと5万円でも稼げれば、かなり生活の余裕が出てきます。

でも・・・実は自分の会社は副業禁止。数年間、副業をやろうなんて考えたこともなかったので、どうしていけないのか理由すら忘れてしまっていました。そこでお昼を何回か一緒に食べたことのある先輩に、さりげなく聞いてみることに。

「他の会社で働いている友達が、副業がバレて今もめているみたいで・・・うちの会社はどうなんでしたっけ?」と架空の話をでっち上げて先輩に話題を振ってみました。

なんとかなりラッキーなことに、先輩も給料の上がらない環境に失望し副業を考えたことがあるようで、自分たちの会社の副業規制についてかなり詳しく知っていたのです。自分も含め、うちの会社は入社時に「誓約書」を声に出して読み合わせして確認するのですが、先輩いわくその誓約書に副業について

  • 本業に支障が出る恐れがあるため副業禁止
  • 会社の秘密事項が漏れる可能性があるため副業禁止

と書かれている項目があり、やはり副業は禁止されているそうです。先輩はこれを知り副業を諦めた、と言っていました。

バレたらどうしよう!リサーチ開始

先輩は副業を諦めたようでしたが、自分はどうしても諦めたくありません。もちろん会社にバレたら解雇されるという最悪の事態も想定できますが、それでも副業をして懐と心に余裕を持ちたい!という気持ちは変わりません。

そこで自分が始めたのは、ネットでの徹底的なリサーチ。「副業 バレない」というキーワードのもと暇さえあればネットで情報を集めました。

ネット上には「なぜ副業がダメなのか」という経営者目線の記事は多くありましたが、副業がバレない方法となると、結構タブーなテーマなのかあまり良い記事が見つかりません。実際、情報量が多く、まとまっている記事は多くはありませんでした。

かれこれネットで情報を集めること1ヶ月。一番役に立ったな、と思うのがこの記事。

「ばれない副業はこうして選ぶ【バレにくいオススメお仕事】」

「お金がない馬」という文字を見たときは「ぷ」と吹き出してしまいましたが、とにかくこの記事がすごいんです。この記事は、他の記事でも触れられている基本的な内容だけでなく「もし、こういう展開になったら?」「もし、こういう所を突っ込まれたら?」と様々な「もしも」を網羅しています。

図やイラストも豊富で、本を読むとすぐに飽きてしまう自分でも食い入るように読んでしまいました。まずこの記事を読んで思ったのは、副業がバレないようにするには、かなりの知識が必要!ということ。記事を読めば読むほど、自分が税収の仕組みや、給与体系についていかに無知だったかを痛感させられました。

この記事に出会わなければ、副業がバレて会社をクビになるだけでなく、税収や給与について知らないまま同じような過ちを繰り返してしまう所だったと痛感しています。

そこで自分は、この記事を読んで自分なりに会社にバレない副業についてさらに調査し、自分にぴったりの副業を模索してみようと考えました。ここでは、自分の経験をあなたと共有したいと思います。これを読んでくれているあなたにも役立つ情報も載せていきますので、ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。

ばれない副業はテクニックがないと無理

ネットの情報なのですが、とある女性が本業の会社勤務の後に毎日6時間副業のアルバイトをしていて、本業に支障をきたしたとして解雇された事例があるそうです。これを読んで「絶対に会社にバレたくない」という気持ちが強くなりました。

さて、話を戻しますが、「ばれない副業はこうして選ぶ【バレにくいオススメお仕事】」を読んで目から鱗!だった点がいくつかありますので、忘れないように書いておきたいと思います。

①20万円以下ならバレないは嘘

これには驚きました。金額は13万円と聞いたこともあったし、20万円と聞いたこともありましたが、一定の金額以内なら副業が会社にバレることは一切ないと思っていました。でもこれは所得税に限ってのこと。

住民税などの他の税収に関しては、金額が少額であっても、会社の給与から天引きされてしまうこともあるんですね。会社としては「金額がおかしい」となりますので、気をつけなければいけないと思いました。

②短期・単発・日雇いの副業はバレる

日雇いバイトは短期だし、給料も少額なので「副業に良いかも」なんて思っていましたが、違うようです。たとえ少額でも雇い主は税務署に給与支払額を報告する義務があるんですね。

報告されるのも嫌ですが、そのような義務を怠る悪徳雇い主の元で働くのも怖いです。このサイトで知らなければ日雇いなどの単発バイトをしてしまうところでした。危なかったです。

③バレないおすすめは在宅ワーク

私の1ヶ月間のリサーチによると副業を認めている日本企業は20パーセントほどしかないそうです。認めていると言っても積極的に勧めている訳ではなく「どうしてもやりたいならどうぞ」というニュアンス。積極的に副業を推奨している企業はなんと0.3パーセントしかないそうです。

さて、それはさておき。やはりバレない副業の代表格といえば「クラウドソーシング」「アフィリエイト」「チャットレディ」などの在宅ワークだそうです。

アフィリエイトはブログなどで稼ぐものですよね。うーん、自分は人を惹きつけるサイト運営などできるでしょうか。今書いているような独り言のような文章なら書けるのですが・・・。疑問が残りますので保留です。

クラウドソーシングは「ばれない副業はこうして選ぶ【バレにくいオススメお仕事】」によると

「クラウド上で、業務委託を行うことです。ライティング、WEBサイトの作成・プログラミング・翻訳など、業種は多岐に渡ります。なお、委託する人と、それを請け負う人とのマッチングサイトがありますので、そのサイトを通じてお仕事を探すのが得策です。
大手としてはクラウドワークスやランサーズというサイトがあり、自分の得意分野に応じて案件ごとに仕事を請け負うことができます。」(『ばれない副業はこうして選ぶ』より引用)

これは良さそうです。ここで紹介されているマッチングサイトを覗いてみましたが、案件数が何千、何万、とあり稼げるか稼げないかは別として仕事を見つけることは不可能ではなさそうです。

さらに在宅ワークは業務委託のため確定申告において住民税を「普通徴収」にすることも可能なんだとか。「普通徴収ってなに?」と思ったあなたは、ぜひ本ブログでシェアした記事を読んでみてください。この「普通徴収」が分からないと、副業がバレてしまいます。絶対に見落とせないポイントなので必ずチェックしてくださいね!

④マイナンバーでバレる可能性あり

記事を読むまでマイナンバーについて、あまり深く考えたことはありませんでした。そもそもマイナンバーって分かるようで分からない、そんな存在だったんです。

ネットで調べてみると

  • 国家が国民一人一人に番号を割り当てる
  • 個人情報、所得、年金、納税状態まで一括で管理する
  • 国民につける個人識別番号を「マイナンバー」と呼ぶ

ということが分かりました。これって、副業もバレちゃいそうですよね。でも記事によると、マイナンバーにより会社に副業がバレることはないそうです。ただ、税務署にバレる可能性はあるとのこと。これも、マイナンバーにより必ずバレると言うよりは、影響があると言う程度だそうです。

とりあえず安心しました。マイナンバーで会社に副業がバレてしまうなら、自分にできることはないように思います。このように正しくて役に立つ知識を教えてくれる記事は本当にありがたいですね。

なんとか副業が開始できそうです!

1ヶ月のリサーチと運命の記事(!)との出会いにより、いよいよ副業を本格的に始めてみようという気持ちが湧いてきました。

自分の場合はクラウドソーシングが良いかな、と思いサイトに登録してみることに。まだまだ始めたばかりなので何とも言えないのですが、昨日とあるお仕事をもらうことができました。

2,000文字程度の文章を書く仕事で、まだ未経験のため報酬は200円なのですが仕事をもらった時は最高に嬉しかったです!10件仕事がもらえるみたいなので、2,000円稼ぐことができます。将来的には、さらに仕事をもらえるように努力してきたいです。

今回、バレない副業について色々と自分なりに調べてみましたが、やはりバレない副業には知識とノウハウが必要ですね。自分もクラウドソーシングを少しずつ始めてみましたが、会社にバレないようにするために記事で学んだことを実践して、副業ライフを守っていきたいと思います。

私は、ほんの少しでも本業以外でお金を稼ぐことができて、心境の変化がありました。副業前は、会社が全てというか、会社でうまくいかないと何もかも終わったという気分になりがちでした。

しかし、副業を始めてからは会社だけでなく、副業先にも居場所ができたので会社で失敗したりしても「今回は失敗したけれど、改善するように努めれば必要以上に落ち込む必要はない」と冷静に判断することができるようになりました。

これを読んでいるあなたも、もし副業をお考えでしたら、ぜひ徹底的にリサーチをして正しい知識を持って会社にバレない副業をしてください。私は役に立つと感じた記事は、一度でなく何度も繰り返し読むようにしていますよ。

それではあなたも楽しい副業ライフを!最後までお読み頂きありがとうございました。