業界初!「エンジニア×英語」に特化した「PROGRIT CAREER for エンジニア」が6月3日よりスタート

次の一歩が見えてくるキャリアデザインプログラム「PROGRIT CAREER」を展開している株式会社GRIT(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:岡田祥吾)は、グローバルで活躍したいエンジニアに特化した業界初のプログラム「PROGRIT CAREER for エンジニア」を2019年6月3日(月)より開始することを発表した。

PROGRIT CAREER forエンジニアは、英語を身につけて更なるステップアップを目指すエンジニアのためのキャリアアップ支援プログラム。専任のキャリアアドバイザーとのキャリアデザインだけではなく、英語を身につけることによって、「グローバル情報化社会で活躍するエンジニア」を目指す。

また、プログラムの開始に先立ち、受講希望者の申込受付を5月10日(金)より開始する

>>>PROGRIT CAREER for エンジニア

英語ができるエンジニアの需要が急増している3つの理由​

1.外国人エンジニア増加にともなう、英語によるマネジメント需要の増加

経済産業省が発表した、「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(2016年)」では、ITニーズの拡大によって、2020年には約30万人、2030年には約59万人のIT人材が不足すると予測。IT人材確保のために各企業は外国人の起用を始めており、情報通信業に就労している外国人数は、2008年から2015年までの7年間に約2倍に増加したという。

国内と言えども外国人が増加するエンジニアの世界では、英語という共通言語によるマネジメントが必要不可欠。英語でマネジメントを行うことのできるエンジニアが増えれば、外国人の就労や採用もさらに加速し、人材不足を埋めることができる。

2.エンジニア自身のスキルアップと、企業における技術力アップのために英語需要が増加

エンジニアが閲覧する90%以上が外国語文献であり、常に変化し続ける技術の世界についていくためには英語によって情報を集めなくてはならない。また、ソースコードの品質向上や、情報交換のためのオープンソースコミュニティーへの参画にも英語力は必要不可欠となっている。エンジニア自身の成長と最新技術導入のために、英語を身につけたエンジニアは必須の存在となる。

>>>PROGRIT CAREER for エンジニア

3.エンジニアの年収が低い日本

2016年に世界経済フォーラムが発表した、世界ITレポート(The Global Information Technology Report)によると、日本のIT競争力は全139カ国中10位と高い水準にあるにも関わらず、日本におけるエンジニアの平均給与は年収600万円ほど。アメリカと比較すると約半分となっている。

多くの日本人エンジニアが英語を苦手としており、給与の低い日本にとどまってしまっているが、技術力のあるエンジニアであれば、今英語を身につけ、さらに活躍できる場へと羽ばたけるチャンスが大いにある。

GRITは以上のような社会環境をふまえ、「PROGRIT CAREER for エンジニア」をスタートすることを決定。英語力を身につけることによって日本人エンジニアが更なるステップアップを図り、グローバルで活躍するためのキャリアデザインを実施していく。

>>>PROGRIT CAREER for エンジニア

「PROGRIT CAREER for エンジニア」サービス概要

PROGRIT CAREER for エンジニアは、グローバルで活躍したいエンジニアに特化したキャリアデザインプログラム。専任のキャリアアドバイザーと共に、本当にやりたいことが何なのかを一緒に描き、各個人に合ったキャリア目標を設定。このキャリアアドバイザーは目標達成に向けて一緒に伴走してくれる頼もしいパートナーとなる。

さらに、グローバル企業の職場見学が行われるほか、1クラス10名~30名のチームを設置し、同じ志を持った仲間との横のつながりの形成も後押しするなど、一人一人が「その人らしいキャリア」を見つけるための場を提供致してくれる。

また、英語力を身につけるために、GRITが展開する英語コーチングプログラムPROGRIT(プログリット)も活用。TOEIC800点レベルの英語力を身につけることで、「グローバルエンジニア」としてのキャリアを歩みだすことができる。

PROGRIT CAREER for エンジニアの利用料は、英語コーチングプログラム「PROGRIT(プログリット)」の2か月間の受講料込みで378,000円(税抜)。しかし、この利用料については、GRITを経由した内定決定後に全額返金されるという。

PROGRIT CAREER for エンジニアへの申込受付は2019年5月10日(金)より開始。入会希望者のなかでも、一定以上のエンジニアスキルのある人やキャリアアップの希望度によって入会の是非が決定される。

株式会社GRITについて

短期間で実践的ビジネス英話を習得する英語コーチングサービス「PROGRIT(プログリット)」を展開。英語力がネックとなりスピード感を持ったビジネスができていない企業やグローバルで活躍するチャンスを逃しているビジネスパーソンを目の当たりにし、本サービスを企画・提供している。

会社名:株式会社GRIT(英語名:GRIT Inc.)
代表者:代表取締役社長 岡田祥吾
設立: 2016年9月6日
所在地:東京都港区芝4-13-4 田町第16藤島ビル3階
URL:https://www.progrit.co.jp/
事業内容:英語コーチングサービスの開発・運営、英語学習メディアの企画・運営、グローバル人材紹介サービスの企画・運営

>>>PROGRIT CAREER for エンジニア

【厳選】結果の出る英会話スクール12選!

 

「今年こそは、英語をなんとか身につけたい…」「でも、英語の独学には限界がある…」。

そんな方におすすめなのが、結果にコミットする「コーチング型」の英会話スクールです。

「コーチング型スクール」は、一般的な「ネイティブ講師と話すだけ」の英会話スクールと比べ、効果的な勉強法で、しっかりと学習時間を確保するスタイル。

それにより、「3ヵ月で英語の会議に参加できるようになった!」など、圧倒的に結果が出ることで評判です。

ここでは、20社以上の英会話スクールに実際に足を運んでレッスンを受けた僕が、「コーチング型」の英会話スクールを合計で12社厳選して紹介しています。

詳細は以下バナーからご覧下さい↓↓↓