シェーン英会話を体験した私の感想!評判や口コミまで徹底調査!

くのいちさん

シェーン英会話ってすごい有名だけど、実際英語が話せるようになるの?
実際の受講システムやレッスン内容、効果が出るかも気になる。。

シェーン英会話は全国に200校以上の校舎がある大手英会話スクールで、街中にも看板をよく見かけます。

でも、スクールについては入会を検討していたものの、まだ分からないことだらけだったので、実際に体験レッスンに申し込んでみました。

という訳で今回は、実際に私がシェーン英会話の無料体験レッスンに参加した時のエピソードを元に、シェーン英会話について徹底分析していきます。

実際に行った感想としては、料金は高めですが月額制なので支払いやすく、「さすが大手!」といった感じで、カリキュラムや講師の質が高く、満足のいく内容でした。

一方で講師からは強くコミットが求められるタイプのスクールではないので、「2ヵ月でビジネスで通用する英語を学びたい!」といった方には、少し物足りないかもしれません。

個人的に良いと思ったこと、意外だったこと、悪いと思ったことなどぜーんぶ正直に書いてきますので、参考にしてください。

とはいっても、人によって良い・悪いは違うので、まずは体験レッスンに行ってみましょう。

シェーン英会話の体験レッスンに申し込む

シェーン英会話の体験申込画面

シェーン英会話の体験申込画面

 

シェーン英会話の体験申し込みは簡単です。ホームページの「無料体験レッスンお申し込み」から名前や年齢、住所やメールアドレス、体験レッスンの希望日時などを入力します。

私が特徴的だと感じたのは「折り返し連絡時間の希望時間」と「購読している新聞の名前」まで入力する欄があったことです。

必要事項を入力し登録したら申し込みは完了。次の日には池袋校のスタッフから折り返しの電話がありました。

スタッフの対応は非常に丁寧で、スムーズに体験日時を決定し、スクールへの行き方まで電話で丁寧に説明してくれました。

さっそくシェーン英会話の池袋校に行ってみた!

11月某日事前に申し込んでいた体験レッスンを受講するために、シェーン英会話池袋校を訪問しました。

シェーン英会話 池袋校

スクールは、池袋駅の東口を出て横断歩道を渡ってすぐのところにあります。駅の改札からも歩いて5分ぐらいで着きました。スクールは4階ですので、扉を開けてエレベーターで上がっていきます。

エレベーター前には案内もあります

4階に上がるとすぐにスクールがあります。エレベーターからスクールの入り口までは非常に近く、緊張でドキドキしていても心を落ち着けるためのスペースはありません(汗)心は、エレベーターの中で整えておきましょう。

エレベーターが開くとすぐそこに教室があります

扉を開けると受付の方が2名。落ち着いた感じの女性で、体験レッスンを申し込んだ旨を伝えると1人の女性がにこやかに部屋まで案内をしてくれました。

案内された部屋は机と椅子とホワイトボードのある清潔感のある部屋。そこでまずは、個人情報や英語学習歴、英語を学ぶ目的などの事前アンケートを記入しました。

シェーン英会話ってどんなスクール?

記入が終わったらスクールの説明に入ります。パンフレットを使いながら、シェーン英会話について丁寧に説明をしていただきました。

シェーン英会話のパンフレット

シェーン英会話は1977年創業、現在40年以上の歴史を持つ老舗英会話スクールです。

講師は英語を母国語としたネイティブスピーカーであるだけでなく、「TESOL」などの指導資格を所有している指導力のある人材を採用しています。

シェーン英会話の特徴は「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」の英語の4技能がバランスよく培えるカリュキュラム。

スクールカウンセラー、ネイティブ講師、ネイティブ講師を指導するアカデミック部という、学習をサポートする体制もしっかり組まれていますので、英語力だけでなく英語でのコミュニケーション能力を養うことができます。

シェーン英会話の体験レッスンを受けてみた!

カウンセラーの方からスクールの説明を受けた後、すぐ隣の部屋に移動し体験レッスンが始まりました。担当してくれた先生はイギリス人のライ先生。カウンセラーの方も「ベテランの先生なのでレベルをしっかりと見極めてくれると思います!」と太鼓判を押す、おすすめの先生でした。

いざ、レッスンスタート

ライ先生
Hello! I’m Lai. Please tell me about yourself.
(こんにちは、ライです。あなたの自己紹介をしてください)
くのいちさん

Hi, I’m Kunoichi. I like traveling.
(こんにちは、くのいちです。旅行が好きです)

ライ先生
oh, you like traveling! What country did you go to so far?
(旅行がお好きなんですね!今までにどの国に行ったのですか?)

というような感じで、まずはウォーミングアップをしていきます。

最初の「Please tell me about yourself」は、とってもゆっくりで、私が初心者だったとしても聞き取れるように気を配ってくれているのだと感じました。

また、雑談をしているようで、リスニング力、文法力、発音力など色々な力をしっかり判断していた様子。ライ先生はベテランということもあり、非常にリラックスした雰囲気で話の振り方も上手でしたよ。

話をさらに掘り下げる

自己紹介で私が旅行が好きだと言ったことに対して、ライ先生はどんどん話を掘り下げていきます。

話は私が以前行ったカナダのカルガリーについて。カルガリーは気温がマイナス40度にもなる寒いところなのですが

くのいちさん
I like cold places.
(寒いところが好きなんです)

と言ったところ

ライ先生
Why do you like cold places?
(なぜ寒いところが好きなんですか?)

とライ先生が質問。寒いところが好きな理由を答えると

ライ先生
You don’t think you might have some risks being cold places?
(寒いところにいるリスクとかは考えないのですか?)

という鋭い質問も。なんとか

くのいちさん
I might  like that risk. Something brings me to cold places.
(そのリスクが好きなのかもしれません。なぜか惹かれるんです)

と何とか答えるものの

ライ先生
Do you feel isolation being cold places?
(寒いところにいて孤独を感じませんか?)

とさらにツッコミが!

英語力もさることながら、正しいか正しくないかは別として「自分の考えがしっかり伝えられるか、ということもチェックしているのかもしれない」と感じました。

実際のテキストを使ってレッスンしてみる

Upper Intermediate Levelのテキスト

続いては実際のテキストのコピーを使ってレッスンをしました。

ライ先生
Look at the pictures showing different stages of childhood.
(子ども時代の異なる段階を表した、これらの写真を見てください)

と言われ、まずはそれぞれの写真について英語で描写をしていきました。例えば赤ちゃんの写真を指して

ライ先生
How do you describe the picture?
(この写真を説明してみましょう)
くのいちさん
The baby has chubby cheek, and fluffy hair. When I see the picture, I feel peaceful and…
(赤ちゃんのほっぺは、ぷにぷにで、髪の毛もふわふわです。見ると平和な気分になるし、それから・・・)

描写のパートが終わった後は、関連する単語を学びました。

体験レッスンでは単語の意味をざっと確認

「rebellion」(反抗期)や「cruelty」(残酷な)など、私の聞いたことのない単語もあり、シェーン英会話のレベルの高さを感じました。

ちなみに、私が知らない単語は先生がすべて分かりやすい英語で説明をしてくれます。

例えば「rebellion」(反抗期)なら「親の言うことを聞かずに、悪い態度を取ること」という感じ。この「言い換える能力」に講師の指導力が感じられました。

体験レッスンでは時間がなく、できませんでしたが、もらったテキストのプリントにはこんなアクティビティーもありました。

幼少時代について考えましょう

・Something you used to love(大好きだったこと)

・Something funny that happened to you(おもしろかった思い出)

・A place you used to live in(住んでいた場所について)

英会話力の評価とおすすめクラス

そして、レッスンが終わったあとは、英会話力の評価されます。

シェーン英会話 レベルの目安

私のレベルは「Upper Intermediate(準上級)」とのことで、おすすめのクラスや空いている時間帯を案内してもらいました。

おすすめのクラスと料金

具体的な曜日と時間帯を提示してもらい、金額もしっかり目に見えて分かったので、始めるための具体的なイメージができます。

私が体験を受けた11月はキャンペーンを行なっており、通常21,600円の入学金が0円になるというお得な内容でした。

シェーン英会話はココが違う!5つのメリット

では、ここからは私が感じた、シェーン英会話のメリットについて紹介していきます。

1.講師の質が高い

シェーン英会話の最大の魅力は、質の高い講師です。講師は英語を母国語としたネイティブ講師を採用しています。

冒頭でも述べましたが「TESOL」などの国際資格を有しているだけでなく、シェーン英会話の講師は厳しい採用を潜り抜けた後、さらに56時間の研修を受けます。

ちなみに「TESOL」取得に必要な時間は180時間。決して短い時間ではありませんし、取得する国にもよりますが、資格取得には50万円ほどの費用がかかります。

つまり「英語しゃべれるから英会話講師になろう」という「なんとなくネイティブ講師」はシェーン英会話にはいない、ということになります。

私の無料体験を担当してくれた先生も、イギリス人でしたが訛りもそれほど強くなく、話す文章も理路整然としていてプロフェッショナルを感じました。

2.通いやすい月謝制

シェーン英会話は大手では珍しい月謝制となっています。創業以来40年以上月謝制を貫いていますので、そのことからもシェーン英会話の「なるべく英語学習を長く続けて欲しい」という気持ちが感じ取れるでしょう。

シェーン英会話の個人レッスンには日時を決めて通う「固定スケジュール制」と、毎回通う日時を決められる「アレンジスケジュール制」があるのですが、「アレンジスケジュール制」で決めた日時のレッスンをキャンセルしてもキャンセル料はかかりません。

他にも、振替制度や転校制度もありますので、急な予定変更や、生活環境の変化にも対応しやすくなっています。

個人レッスン グループレッスン(一般英会話)
定員 1名 4名
レッスン時間 40分 50分
回数 月4回 週1回
月謝 ¥28,566 (税込) ¥15,606 (税込)

シェーン英会話 月謝制のレッスン料金

3.カリキュラムがしっかりしている

シェーン英会話は40年以上英会話スクールを運営しているだけでなく、教育機関への英会話講師の派遣や、教材・テスト開発など、多岐にわたる英語教育事業を行なっています。

それらの経験によって培われたノウハウを元に、もっとも効率の良いカリキュラムを作成。

弱点を少しずつ改善し、段階的に英語力をつけられるよう、しっかりとレールが敷かれています。

カリキュラムはレベルや英会話の目的によって、多数あります。

つまり、英語を学ぶ人の声が十分に反映された質の高いカリキュラムを採用しているのです。

4.テキストの質が高い

シェーン英会話では「Time to Talk」というオリジナルテキストを使用しています。

「Time to Talk」は、ネイティブスピーカーがよく使う表現を多く取り入れ、アウトプットを促すようなテキストです。

例えば私が体験で使ったテキストも、

  1. 写真を描写
  2. 関連する語彙を増やす
  3. 自分に置き換えて考えをアウトプットする

という風に一つのトピックに対し、多方面からアプローチをしていました。

これはあくまでも一例ですが、こんな風に「Time to Talk」は、砂で山を作るように、底から少しずつ力を固めていくことができる仕組みとなっています。

5.質の高いスクールカウンセラー

シェーン英会話のスクールカウンセラーは、受講生と講師の間に立って橋渡しのような役割をします。

英語学習に関する相談に乗ってもらえたり、より良い方法を提案してもらえたりと、一緒に伴走してくれるパートナーだと言えるでしょう。

私が無料体験レッスンをした際は、しっかりとシステムなどの説明をしながらも、私の要望(マンツーマンが良い、あまり厳しくは学びたくない、など)もしっかり受け止めてくれているような対応でした。

そんなに強い勧誘もなく「ご検討ください」という感じでしたので、無料体験レッスンでプレッシャーを感じることもありませんでした。

シェーン英会話で感じたデメリットとは?

シェーン英会話のメリットばかりを書いてきましたが、一方でデメリットもあります。

次は、私が感じたシェーン英会話のデメリットについて書いていきます。

1.レッスン代が安くはない

シェーン英会話のレッスン料金は決して安くはありません。50分のグループレッスンでも月謝は15,606円、マンツーマンですと40分で月謝は28,566円になります。

入会時に必要なのは 「初月月謝」「教材費」「入学金」「スクール管理費」です。入学金は通常21600円ですが、公式サイトから無料体験レッスンを申し込み、入会した場合は半額になります。

また、2月に入会する場合は2ヶ月後の4月から新しいテキストに変わるため、教材費が20,000円から5,000円になります。

4月にはまた新しいテキストの購入の必要がありますが、購入したテキストは自分の学習用にも使えますので、ほんの少しでも得をしたい人には、こんな裏技もあります。

マンツーマンでレッスンの質も高いので、決して無駄ではありませんが、28,566円の月謝はやや高い部類に入ると思います。

2.やる気がないと「ただのおしゃべり」になってしまう

シェーン英会話は、コーチングスクールではありませんので、結果のために厳しく指導されるようなことはありません。

そのため、自分で目標を持ってそれを維持していかないと、講師となんとなくおしゃべりをしてレッスンが終わってしまうということにもなり得ます。

英会話スクール全般に言えることですが、最後はやはり本人のやる気が大切です。特にシェーン英会話の先生は穏やかな優しい先生が多いですので、1回1回目標を持ってレッスンに臨まないと、無駄になってしまう可能性があります。

シェーン英会話を受講した人の口コミ・評判は?

それでは実際にシェーン英会話を受講した人の口コミや評判を見ていきましょう。

次に挙げる口コミは、シェーン英会話の公式サイトに掲載されているものだけでなく、一部ネガティブな口コミも入れています。

まずはポジティブな口コミから紹介していきます。

シェーン英会話のポジティブな口コミ・評判

30代会社員
自分に合ったレベルで勉強できる。また、先生が毎回宿題を出し、次のレッスンで答え合わせをしてくれるのも嬉しい。教材も面白く実践的な英会話が学べるほか、先生・スタッフがフレンドリーで聞きやすい。
20代広告代理店
レッスン料金が安いという訳ではありませんが、正しい英語を身に付けたいと思っている人にはシェーンが向いていると思います。もしかしたら教室によって違うのかもしれませんが、私がいた教室では日本語講師以外は全員イギリス人講師でした。先生も丁寧ですし、個人的にはここを選んで良かったと思ってます。

講師の質、教材、立地などが受講生の間でも評判のようです。

シェーン英会話のネガティブな口コミ・評判

次にネガティブな口コミもご紹介しましょう。

30代男性
講師は良いイギリス人が多いと思うが、すぐに担当が替わったりもする。授業は意外と文法も多いので、会話のスキルを伸ばしたい人には不満かも。
30代女性
マンツーマンレッスンのため、月4回、1回あたり40分のレッスンで、月々27,000円でした。維持費を含めると、1回7,000円ほどです。この金額を高いとみるか安いとみるか。。。もう少し安ければ続けていたと思います。

やはりネガティブな口コミには料金のことが目立ちます。

シェーン英会話のコースと料金

それでは、ここからはシェーン英会話のコースと料金を紹介していきます。

入学時にかかる料金は、「初月月謝(コースによる)」「教材費(2万円)」「入学金(21,600円)」「スクール管理費(1,350円/月)」です。入学金は通常21600円ですが、公式サイトから無料体験レッスンを申し込み、入会した場合は半額になります。

月謝制個人レッスン

レベル 基礎〜上級
定員 1名
レッスン時間 40分/月4回
受講費 ¥28,566(税込)/月

月謝制ペアレッスン

レベル 基礎〜上級
定員 2名
レッスン時間 40分/月4回
受講費 ¥17,496(税込)/月

 回数制個人レッスン(20回)

レベル 基礎〜上級
定員 1名
レッスン時間 40分×全20回
受講費 ¥141,264(税込)

回数制個人レッスン(40回)

レベル 基礎〜上級
定員 1名
レッスン時間 40分×全40回
受講費 ¥260,928(税込)

回数制個人レッスン(80回)

レベル 基礎〜上級
定員 1名
レッスン時間 40分×全80回
受講費 ¥472,392(税込)

  月謝制アフタヌーン

レベル 基礎〜上級
定員 最大6名
レッスン時間 平日13時〜15時の間50分/週1回
受講費 ¥8,586(税込)/月

 月謝制一般英会話

レベル 基礎〜上級
定員 最大4名
レッスン時間 50分/週1回
受講費 ¥15,606(税込)/月

教育訓練給付対象コース

レベル 基礎〜上級
定員 1名
レッスン時間 40分×全80回
受講費 ¥505,254(税込)

 

教育訓練給付制度とは
「教育訓練給付制度」とは、働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。

シェーンでは「英会話スキル実践コース」が対象のレッスンです。

シェーン英会話公式HPより)

 シェーン英会話を他のスクールと比較

これまでシェーン英会話を紹介してきましたが、やっぱりレッスンを申し込む前に気になるのは、他社のスクールと比較してどうなのかですよね。

そこで、今回はシェーン英会話と一緒によく検討される、「ECC英語学院」と「Gaba」を、一つの表にまとめて比較してみました。

*横スクロールで全体が見れます。

シェーン英会話 ECC外語学院 Gaba
有効期間 12ヵ月 12ヵ月 12ヵ月
回数 80レッスン 40レッスン 75レッスン
料金 ¥472,392 ¥156,400 ¥550,800
1回あたり ¥5,904 ¥3,910 ¥7,344
入会金 ¥21,600 ¥21,600 ¥32,400
教材費 ¥20,000 ¥24,000 ¥19,440
講師 外国人講師 外国人講師
バイリンガル講師
外国人講師
予約システム あり あり あり
他教室での受講 可能
(個人レッスンは不可)
不可能 可能
給付制度 あり あり あり

*表記は税込価格
*3社ともマンツーマン英会話の料金
*シェーン英会話は回数制個人レッスン80回の料金で比較

また、営業日時・時間でも比較してみましょう。

スクール 営業時間
シェーン英会話 平日 10:00~21:00
土日祝 10:00~18:00
Gaba 平日 7:00~21:55
土日祝 8:30~20:25
ECC 英語学院 平日 8:30~21:00
土日 8:30~18:00
※祝日適宜対応

Gaba

Gabaマンツーマンに特化した英会話スクールです。

高い質のレッスンを提供しているスクールで、体系的なカリキュラムと実際の状況を想定した会話練習で着実に力を伸ばすことを目指しています。

シェーン英会話に比べて、レッスン料金、入学金共に割高となっていますが、教材費はややGabaの方が割安です。

Gabaについてさらに知りたい人は、こちらの記事も読んでみてください。

Gaba英会話ってどう?体験した僕の正直な感想!他社との比較あり

ECC英語学院

ECC英語学院も言わずと知れた大手英会話スクールですが、ここでは「ELICITメソッド」と呼ばれる、自分から発信するトレーニングしていきます。

老舗英会話スクールならではの実績を生かして、人前で堂々と英語を話せるように指導していきます。

コース設定も豊富ですので、自分にあったコースを見つけて長く通いやすい環境を整えることも可能。シェーン英会話と異なり、外国人講師だけでなく、バイリンガルの日本人講師のレッスンもあります。

シェーン英会話の気になる質問に答える!

最後にシェーン英会話に関するネットの疑問を検証してみます。

先生はイギリス人しかいないの?

シェーン英会話の講師はイギリス人が多いですが、イギリス人だけではありません。アメリカやカナダなどの英語圏の講師もいるということです。

もちろん、イギリス英語が学びたいという人は、シェーン英会話はもってこいだと言えるでしょう。

宿題はある?

宿題は基本的にあります。

使用しているテキストの中に、空欄を埋める箇所があるのですが「それらの空欄を埋めましょう」という宿題が出ることが多いです。

レッスンの予約はどうやってする?

レッスンの予約は電話か受付で直接行います。キャンセルの場合はキャンセル料は不要です。

振替は月2回までできます。

シェーン英会話の体験レッスンに申し込もう

シェーン英会話の無料体験レッスンは、システムもしっかり知ることができ、講師も自分の目で確かめることができたので、非常に為になりました。

講師の質は体験レッスンでも十分に感じることができましたし、イギリス人以外の講師がいるのも少し意外でした。あまり良くないと感じたこともありましたが、何事にもプラス面とマイナス面はあるものです。

「いつか英語を始めよう」と思っている人は多いと思います。でも毎日忙しくて、なかなか行動を起こせないこともありますよね。

でも、英語を始めるなら、1日でも早く始めるのが絶対おすすめ。なぜなら、その分英語に触れる時間も長くなりますし、英語の楽しさを早く知ることができるからです。

シェーン英会話の魅力は何と言っても講師の質だと思います。私は今まで数多くの英会話講師を見てきましたが、シェーンの講師はプロ意識が高く選ばれた講師なのだと感じました。

英語の需要が高まる中で、シェーン英会話でも「クラスの席が満員で、希望のクラスに入れなかった」という声もあります。

判断するのは、無料体験レッスンを受けてから!席が埋まってしまう前に、まずは無料体験レッスンを受けてみてください。

[bt

【体験済】おすすめのコーチングスクールを徹底比較

数か月後に英語が話せるようにならないとやばい…

でも。自分でどれだけ勉強しても、英語力が上がらない…

こんなことで、お悩みではないですか?

そんな方には、2~3カ月で成果にコミットするタイプの「英語コーチングスクール」をおすすめします。

「英語コーチングスクール」は、従来の英会話とは違い、「2カ月後に国際会議でプレゼンする」といったように目標を設定し、日々の学習計画を綿密に立てて実行するまでを、トータルでサポートしてくれるスクールです。

実際に僕が10校以上のスクールを体験し、比較した結果を記事に書いているので、以下のバナーからご覧下さい。