たった3年で、6億2000万円でアフィリエイトサイトを売却。

このフレーズを見たとき、僕は目を疑いました。

よくある情報商材の、「私が月に300万稼ぐまでにやったこと」といったノウハウとは次元の違う金額だったからです。

さらには、売却先も東証一部上場の超有名メディアを運営する会社。

知らず知らずのうちに、僕はそのレポートに引き込まれてしまいました。

僕は前職でアフィリエイトの広告主として、月に4,000万円以上も使ってあるジャンルのアフィリエイト広告を出稿し、1案件だけで500万円を超える高収益なサイトをいくつも見てきました。

その中でもこのレポートでは、億単位の事業価値がつくサイト運営に対する考え方が提示されており、なにより「ユーザーファースト」の考え方がずば抜けていて、目から鱗が落ちました。

今回は、27歳のときにスタートさせたアフィリエイトサイトを、30歳の時に東証一部上場企業に6億2,000万円で売却した起業家、福田拓哉さんが公開するレポート【サイトM&A】30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録を紹介します。

このレポートは次のような悩みを抱えている人が対象になります。

このレポートの対象者
  • 月商で30万~100万円くらい稼いでいて、もっと事業規模を大きくしたい個人・法人アフィリエイター
  • SEOの競合がどんどんと出てきて収益を伸ばすのに限界を感じている人
  • ASPアフィリエイトの場合、広告主やASPの一存で収益が大きく変わってしまうことに悩んでいる人
  • サイトを一人、あるいは少人数で運営しているけど、もっと効率的な運用方法を知りたい人
  • アフィリエイトサイトに訪問したユーザーあたりの顧客生涯価値をもっと上げたい人
  • 競合と同じようなサイトになってしまい、ブランディングに苦労している人
  • アフィリエイトサイトでは被リンクを獲得するのが難しくて、ブラックな手法に頼らざるを得ない人

 

月商30万円~100万円程度稼ぐアフィリエイターの3つの悩み

やりたい仕事がわからない

アフィリエイトサイトを運営していて、月商30万円~100万円程度の収益はあるけれど、そこから先のビジョンが見えづらく、停滞感を感じていませんか?

ここでは、よくある「そこそこ稼ぐアフィリエイター」の典型的な悩みについていくつか整理していきます。

1.集客チャネルを開拓するのが以前よりも難しくなっている

アフィリエイトサイトでメインの集客チャネルがSEOに依存している方は、アフィリエイタ―の中でも大多数を占めるのではないでしょうか。

以前はいわゆるブラックハットの手法を使って、自演で外部リンクを大量に張り付ける手法が横行し、一定の成果をあげていました。しかし、最近は手動ペナルティやアルゴリズムの変化などで、テクニック寄りのSEOも以前よりも効きにくくなっています。

出典:【サイトM&A】30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録

出典:【サイトM&A】30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録

だからといって、集客チャネルをいきなり「リスティング広告」などのペイド広告に切り替えても、成果がすぐに出るわけではありません。

数年前にはリスティング広告のCPCもまだいまよりは低く、アフィリエイトでリスティング出稿をしても、利益が十分に出る時代もありました。

しかし、最近はあらゆるジャンルで競合が増加し、リスティングのCPCが高くなっているため、お金をかけたからといって一筋縄で成果がでるわけではありません。

2.競合と同じようなサイトになってしまい、差別化がしにくい

アフィリエイトサイトは、収益になるポイントが「アフィリエイトのコンバージョン」であるため、ビジネスモデルで他社と差別化させることはかなり難しいでしょう。

そのため、サイトのデザインやキャラ設定などで差別化しているサイトもありますが、果たしてそれが、収益に直結する施策であることを断言できるのでしょうか?

アフィリエイトサイトでオリジナリティを出すことによって、競合と差別化し、収益をさらに上げていく方法をがあれば、喉から手が出るほど欲しいと思う人は多いのではないでしょうか?

3.広告主の動向によって売り上げが大きく左右される

ASPアフィリエイトだけに取り組んでいる場合、広告主の急な単価変更や、承認率の引き下げ、場合によっては提携解除などが起き、サイトの収益が大きく下がってしまうこともあり得ます。

特にASPが介在している場合は、広告主と直接関係性が築きにくいため、不利な条件を実行されて泣き寝入りということもよくあるのではないでしょうか?

このレポートが解決できる6つのこと

これまでに挙げたようなことと、同じような悩みを持っていた僕。

特に起業して別の事業と同時並行でアフィリエイトをやっている時には、「アフィリエイト事業の規模をもっと拡大して、高収益体質な会社を作りたい!」と強く思っていました。

こんな僕の悩みの解決策が、目から鱗ができるように紹介されている本レポートでは、アフィリエイターの次のような課題を解決することができます。

このレポートが解決できる課題
  • 市場における差別化が難しい状態から、最小のリソースで業界ナンバーワンになることができる
  • 質の高い外部リンクを獲得しにくいアフィリエイトサイトでも、上場企業から簡単にリンクを獲得できる
  • 新規顧客の量を追求する状態から、顧客1人あたりの売上を上げる状態にシフトできる
  • ASPアフィリエイトに依存している状態から、広告主とリレーションを築き、競合が参入していない案件や報酬単価を向上させることができる
  • 膨大な作業により成長に限界が見えている状態から、効率的な外注方法が分かり、自分の時間当たりの単価を上げることができる
  • その他大勢と同じようなアフィリエイトサイトから抜け出し、他のサイトが真似できない価値を提供できる

このレポートを読むべき6つの理由

それではここから、「30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録」を読むべき理由を6つにまとめて紹介していきたいと思います。

1.一瞬で業界ナンバーワンのポジショニングができる

アフィリエイトサイトの場合、やはりビジネスモデル上、なかなか競合との差別化がしづらいでしょう。

しかし、本レポートで紹介されているウェブサイト「資金調達プロ」は、ウェブサイトの立ち上げからわずかな時間で、「資金調達のプロを日本一集めたポータルサイト」というポジショニングを確立させることができました。

資金調達プロ

出典:資金調達プロ

そこにたどり着くためにかかった時間は、わずか数カ月。

とある方法を使って、一瞬にして「国内最大級」というブランディングに成功しました。

僕はこれまで、どんな分野でも事業をスタートしてから、「国内ナンバーワン」と言い切れるまでには、数年がかかるだとうと思っていました。

でも、このレポートに書かれている手法をみてみると「こんなやり方で国内ナンバーワンになれるのか。。!」と目を疑いました。

2.上場企業からの強い外部リンクを簡単に得る方法が分かる

アフィリエイトサイトは、ニュースサイトなどに比べると被リンクを獲得しにくいのが悩みですよね。

しかし、「資金調達プロ」はアフィリエイトサイトでありながらも、「ある手法」を使って、上場企業をはじめ、質の高いサイトからの被リンクを次々と獲得していきます。

「ある手法」とは、「相手に喜んでもらうこと」を徹底して追及していくことであり、相手も喜んでリンクを掲載してくれるのです。

上場企業のコーポレートサイトなど質の高いページからの被リンクを増やし、サイトのドメインを強くしていくこの手法は、SEO業者に高い報酬を払って被リンクを増やしてくよりも、圧倒的に低コストで効果的であると思います。

3.ほとんどのアフィリエイターがやっていない、顧客あたりの売上を上げる方法が分かる

アフィリエイトはよく、安定的な収入が毎月入ってくるという意味で「ストックビジネス」と言われています。

しかし実態は、新しくサイトに訪問するユーザーをできる限り増やし、毎回新規ユーザーからのコンバージョンを増やし続けなければいけない「フロービジネス」に近いものがあります。

そうすると、市場のパイがある程度限られているジャンルの案件ほど、時間がたつにつれて顧客となる層がどんどんと少なくなっていき、売り上げも先細りしてしまう可能性があります。

そんな中、「資金調達プロ」では、1ユーザーあたりの売上を極限まで増やし続けることに成功しています。

数多くのアフィリエイトが、毎回新しいユーザーに対して商品を販売しているのに対して、「資金調達プロ」が行ってる「1ユーザ当たりの価値を最大にする施策」がレポートには公開されています。

4.ASPアフィリエイトに頼らない、広告主を直接開拓する方法が分かる

アフィリエイターの大半はASP案件に依存していると思います。

しかし、ASP案件のみに頼っていると、どうしても広告主との間にASPが介在してしまうため、クライアントとの関係が築きにくいでしょう。

また、ASPの介入により、業界平均として30%の手数料がASPに支払われるため、アフィリエイターの手取りが少なくなることは明確です。

例えば、報酬単価が10,000円の案件であれば、広告主はASPに13,000円を支払っており、ASPはそこから30%を手数料として引いて、アフィリエイトサイトに1,0000円を支払っています。

確かにASPの管理画面を利用できると、トラッキングシステムや管理画面が使えるなどといったメリットがありますが、できることなら広告主と直接提携として、さらに利益を向上していきたいところです。

また、ASPに案件を載せていない企業と直接提携を行うと、競合となるアフィリエイターがいない分、チャネルの開拓が非常にしやすいというメリットもあります。

このレポートには、「営業力ゼロでも出来る、広告主の開拓」という章で、「クライアント企業から頼られる存在になるにはどうするか?」が書かれています。

特にASPアフィリエイトで広告主、ASP、競合との関係性で消耗している人には、読んでいただきたい章です。

5.アフィリエイターの時間単価を極限まで上げる方法が分かる

アフィリエイトサイトを一人、あるいは外注を含めて2~3人程度で運営している人は、膨大な作業量にストレスをためているのではないでしょうか?

僕もそうなのですが、なんでもかんでも一人でやろうとしていて、人に依頼しようとすることが、なかなかできません。

このレポートを書いた福田さんは、自分の業務量をできる限り減らしながら、外注をフル活用して、なんと最終的には時給100万円を達成したようです。

僕はいまではクラウドワークスなどを利用して外注しながら、とあるサイトを運営しているのですが、業務を仕組み化して外注によって事業を拡大していかないと、成長の限界が見えてくることを何度も痛感しました。

このレポートです、個人アフィリエイターとしての次元を超えて、さらに大きな規模に事業を作っていくためには必要な考え方やマインドを学ぶことができます。

6.アフィリエイトを通じて新しい価値を世に生み出す視点が学べる

何度も述べてきたように、アフィリエイトはビジネスモデルが決まっているため、やることは「サイトにトラフィックを集めて成約をさせるだけ」ということになります。

そうすると、案件を決めてサイト設計をした後は、ひたすらコンテンツやランディングページを充実させるといった作業が大半になり、「いかに作業効率をよくするのか?」ということで思考がいっぱいいっぱいになってしまします。

しかし、このレポートはアフィリエイトを通じて世の中に「独自の価値を生み出す」といったことに触れれており、他のサイトにはできないことを追求する姿勢にハッとさせられました。

世の中にまだないものを、アフィリエイトを通じて生み出すという「スタートアップ的な思考」をアフィリエイターに提供しているようなノウハウは、なかなか世の中には出回っていません。

アフィリエイトは、作業に忙殺されやすい事業ではありますが、より視点を上げて、世の中に新しい価値を生み出すといった姿勢をレポートから学ぶことができます。

実際にこのレポートを呼んだ人の評判や口コミは?

これまで、いかにこのレポートが優れているかを解説してきましたが、他に購入した方々の評価もみてみましょう。

レビューを見ていて特徴的だと思ったことが、スタートアップを経営している方や投資家、かなり上級のアフィリエイターからの評価が非常に高いということです。

そのため、アフィリエイトサイトを既に運営していて、事業規模の次元を超えて、将来的にはサイトのM&Aを実現していきたい方には、かなりマッチした内容となっているでしょう。

まずはレポートの無料部分(約14,200字)を読んでみよう

「30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録」の価格は、現在¥29,800

中には、レポートの割に高いと感じる人もいるでしょう。

しかし、例えば1日の自分の日給が2万円だとしたなら、約1.5日分働いて稼いだ金額と同じになります。

たった1.5日分で稼げる程度のお金で、この先数億円で売却できる可能性のある事業を作るノウハウを知れるとしたなら、これほど投資効率の良い投資はないでしょう。

まずは、このレポートの無料部分だけでも約14,200字もあるので、それを読むことから始めてみましょう。