表参道の英語学校FORWARDを体験してみた!受講生の口コミ・評判も

忍者
日本にいながら留学しているような英語の環境で勉強したいと思っているあなたにおススメのスクールがありますよ。

英語をマスターする為に海外留学をしたいけど、仕事を辞めるわけにはいかないし、あきらめているあなたにイチ押しの楽しいスクールを見つけました。

それが表参道にある、英語学校「FORWARD(FORWARD)」です。

FORWARDに一歩踏み入れると、まるでそこは海外。生徒はみんな楽しそうに綺麗な英語を話しています。

また、通常のスクールにはあまりない「ドラマプロジェクト」や「スピーチ」などを通じて、「英語で考え、発信する力」をつけるユニークな教育方針。

今回は英語をマスターできるだけでなく、自分も大きく変えられそうなスクール、表参道の英語学校「FORWARD」を体験した感想をお伝えしたいと思います!

この記事のライター

忍者

2016年から3年間にわたって日本の英会話スクールを50社以上調査し、30社以上でレッスンを受ける。英語ができないコンプレックスを克服し、国内で英語を英会話を猛勉強。結果、多国籍企業で外国人部下を10人以上持つことになる。当サイト「忍者英会話」の編集長であり、TikTokチャンネルでは36,000人のフォロワーを持つ。

2016年から3年間にわたって日本の英会話スクールを50社以上調査し、30社以上でレッスンを受ける。英語ができないコンプレックスを克服し、国内で英語を英会話を猛勉強。結果、多国籍企業で外国人部下を10人以上持つことになる。当サイト「忍者英会話」の編集長であり、TikTokチャンネルでは36,000人のフォロワーを持つ。

FORWARDの表参道スクールに行ってきた!

英語学校FORWARDは表参道駅から徒歩5分、渋谷駅から徒歩10分、国連大学と同じ敷地内にある、とても綺麗なビルの1階にあります。

スクールに入るとスタッフの方が“Hello”と笑顔で出迎えてくれました。

周りにはあたり前のように楽しそうに英語を話す生徒がいっぱい。「ここは日本?」と思ってしまう雰囲気です。

今回、合計で2日間実際のレッスンに潜入させていただきました!

まずはFORWARD代表の石渡さんに日本語でインタビューさせて頂きました。

石渡誠さんプロフィール

英語学校FORWARD校長。松本亨高等英語専門学校卒後、21歳で同校専任講師に就任。南アラバマ大学でコミュニケーション学と英語学、ジョージタウン大学院にて日本語講師を勤めながら同大学院で英語教授法修士号、4年間で学士・修士号を取得。元カプラン・ジャパン代表。TOEIC990点満点、TOEIC SW 各200満点 TOEFL iBT R L S W 各30点満点。

忍者
レッスンを体験するのを楽しみにしていました!日本語で色々とお聞きしていいでしょうか。
石渡さん
いいですよ。これから英語だけになる前に今のうちに何でも聞いてください。

 

英語学校「FORWARD」とは?

FORWARDの前身はあの伝説の英語学校

忍者
FORWARDの設立背景を教えてください!
石渡さん

FORWARDという名称は2013年ですが、NHKで英会話放送を21年担当した故松本亨博士による、「松本亨高等英語専門学校」を前身に持つ50年以上の伝統を持つ英語学校です。

「英語で考える」というFORWARDの英語教育方針

忍者
歴史がある学校なのですね!

どんな教育を行っているのですか?

石渡さん

“Think in English(英語で考える)”を基本理念とした教育を行っています。そして英語を自由に駆使しながら、様々な人達と思いをつなげられる発信力を育むことを大切にしています。 

忍者
日本で生まれ育った私達がどのように「英語で考える」ようになるのでしょうか。
石渡さん

まずは「音」の習得です。英語を聞いて真似して話して、そして直してもらうことが必要です。イントネーションの違いだけでも、意味は変わります。音を通して意味を感じられて話せるように練習すると、発音やリスニング力がつくだけでなく、脳も活性化されて、英語を吸収していく速度も進歩します。

忍者
なるほど、単に発音を勉強することではないのですね!
石渡さん

そうなんです!

そして同時に、常に色々な人達と英語で話し合える環境の中で、自分の思いを英語でアウトプットすること、伝えてつながり合える体験を豊富に重ねていくことが大切です。

そのような事が全て可能になるように、カリキュラムを設計しています。

初心者でも大丈夫?

忍者
ちなみに、英語の初心者でも、いきなり英語オンリーの環境に飛び込むのは、無理があるのではないでしょうか…?
石渡さん

ええそう心配される方もいらっしゃると思いますが、むしろ最初から英語だけで学習した方が、習得は早いのです。レベルも考慮して全てを踏まえてカリキュラムも組んでありますので尚更です。

例えば泳げない人でも、水泳教室に行けば、最初から水に入れられます。逆に言えば、水の中で動きを覚えなければ、水泳は一生できませんからね。レッスンを受けながら、初心者でも徐々に水の中で出来ることも増えて泳げるようになります。英語も同じなんです。

またFORWARDには、レベル別にも受講できる様々な選択クラスも多種多彩にあります。そして「プロジェクトワーク」など、どんなレベルの人でも英語を話して楽しくなるようなクラスや環境が整っています

忍者
皆さんが楽しそうに英語で話している背景には、そういう理由もあるんですね。
石渡さん

そうなんです!

英語を通して人とつながり、考え、実際のコミュニケーションを通して、実践力と人間力をも養うことを目指しています。

FORWARD英語クラスを体験してみた!

忍者
僕も実際に一部授業に混ぜていただきました!

FORWARDは大学のように必修と選択のクラスがあり、また無制限に受講できるクラスもあります。

このように、レッスンのタイムテーブルが組まれており、様々なクラスから生徒ひとり一人に合った受講の組み合わせができます。

石渡誠代表のスピーチクラス(必修)

FORWARD代表の石渡さんのクラスは必修で、主にスピーチやプレゼンの実践を通して、コミュニケーション力を高めていきます。

毎回、クラスの最初には、希望者数名が自作のスピーチやプレゼンを3分間発表します。

テーマは自由だそうですが、今回聞いたのは、

  • 筋トレによって人生が変わった話、
  • 会社と自宅以外に「サードプレイス」を持つことの重要性
  • 家族のエピソードから気づいた愛の力について

など、生徒によってさまざま。

スピーチの後には、スピーチの内容や英語、デリバリーについて、生徒同士でディスカッション。代表の石渡さんのコメントと、生徒同士のフィードバックが盛んに行われていました。

そしてもう一つ、このクラス内でカバーするFORWARDならではの学習法が、スピーチのレシテーション朗唱練習。年に3回行われる朗唱大会は、生徒全員が参加するそうです。

歴代の名スピーチを用いて、英語、発音のみならず、アイコンタクトや、ステージ上での動かし方、そして良いスピーチの構成などまで学ぶこということ。

今回は、アルゴア元副大統領のノーベル賞受賞スピーチに、みなさん、一生懸命に練習を楽しそうにされていました。

ドラマプロジェクトワーククラス(必修)

プロジェクトワークには、ドラマクラスとプレゼンテーションクラスがあるそうですが、今回私が潜入したのは、ドラマプロジェクトワーククラス。

実際のドラマやアニメを題材に、生徒同士が一つの演劇をストーリー、脚本書きから、演技、衣装や音響、照明なども全部英語で相談して決めるとか。

このクラスの題材は、「名探偵コナン」に決定したそうで、英語でどのように演じるのかがディスカッションされていました。

ミュージカルをやるグループは歌や踊りも英語でするそうですよ。

一方、プレゼンテーションクラスは、リサーチをたくさんするそうで、今年のテーマは地球の危機。水問題やプラスチック問題、生物多様性についてディスカッションをしているとか。

どのクラスも11月に行われる年に1度の発表会へ向けて進行、その結果だけでなく、過程を通して「英語で考える」力と発信力を楽しく身につけていくそうです。

All/Active Listening and Learning(必修)

ALLで使用する「ローマの休日」のスクリプト

名作映画「ローマの休日」。この映画のほぼ全セリフを最初から最後まで同じように言えるまで学んでいくそうです。

事前準備として、チェックシートに従い、一文ずつ聴いて、ディクテーション、その後間違いチェックをしてから発音を真似して練習します。

クラスの時間では、ひとり一人、発音やイントネーションなど「合格点に達するまで」、何度もマンツーマンチェックをしてもらえるのです。

ALLクラスは毎日8時間くらい用意されていて、しかも追加受講料など一切無く、受け放題。Zoom を使って遠隔からもマンツーマンチェックを受けられるので、やる気のある人には嬉しい限りですね。

Japanese Culture & History日本文化プレゼンクラス(選択)

選択クラスは、日常会話からビジネス英語やTOEICなどの試験対策など多種多彩にあるようですが、私はこちらのクラスを体験しました。

日本の文化について、英語で学習しながら、生徒が興味のあるトピックについて10分程度のプレゼンテーションも行うものでした。

この日は、パワーポイントを使用し、アニメの「聖地巡礼」をテーマに発表が行われていました。

Diary毎日英語添削クラス(選択)

生徒が毎日フェイスブックグループに投稿したジャーナル(日記)を、講師は毎日添削してくれます。その上でクラスでは、さらにフィードバックや確認を行っていきます。

細かい文法の間違いや、ニュアンスの違い、英語らしく話せて書けるように、「このフレーズはこう言い換えるといいよ!」というアドバイスをもらえます。

英語学校FORWARDの他にない5つの魅力とは!?

忍者
実際に僕がFORWARDを受講してみて、「ココは他と違う!」と感じたポイントを紹介していきます。

①国内留学のような英語だけの環境で学べる

忍者
ここは日本?って思えるくらい英語漬けで留学したみたいでした!

FORWARDで実際にレッスンを受けて驚いたことがあります。

それは、スクールに一歩足を踏み入れたら、全員が英語を話していること。

クラスの最中はもちろんのこと、クラスの合間の雑談でさえすべて英語です。

これまで30社近くも英会話スクールでレッスンを受けてきた僕ですが、本気で英語しか話さないスクールはかなりレアです。

クラスにいる時は、英語で考えて発言・議論するので、まるで海外に留学したようでした。

②英語の発信力を伸ばすユニークなクラス

忍者
ユニークなクラスがいっぱいでドキドキしたけど、楽しみながら学べました!

通常の英語学校はたいてい、グループあるいはマンツーマンでテーマに沿って英会話をして終わり。

しかし、FORWARDの場合はスピーチや演技をするなど、実践を通じて英語を学ぶことができるんです!

例えばスピーチなんて、日本語でも出来ないって思う人もいると思いますが、出来たら英語に凄い自信がつくと思います。

ちなみに、私の見たスピーチのレベルも非常に高くて、「感情を込めて本気で伝える」「聴き手に伝わるか?」という姿勢が徹底されていました。

ドラマメソッドも感情をともなった全身を使った英語のコミュニケーションをマスターするのにも直に役立ちそうです。

③質疑応答が絶えない!生徒のモチベーションが高い

忍者
スゴく刺激的で、この空間にいると、このままじゃダメだと思わされます!

一般的な英会話スクールでよくあるのが、受講者のレベルやモチベーションが低く、自分も環境に飲まれてイマイチ英語力が上がらないというもの。

しかし、FORWARDの場合はその逆で、受講生の積極性が高く、授業が終わっても質問をしたり、個人で自習したりする人が多くいました。

実際、2日だけ通った僕でさえ、ほかの受講生の方が前回よりも上達しているケース見て、「自分ももっとやらなきゃ」と身が引き締まりました。

④家族のような友達がたくさんできる英語コミュニティ

忍者
生徒同士の仲の良さはこれまで行ったスクールの中で一番でした!

実は僕がFORWARDを体験して最も印象に残っていることが、生徒同士のつながりでした。

受講者は社会人だけでなく、主婦や、シニアや中学生までいるらしいのですが、受講生一人ひとりから、本気で英語を上達させたいという純粋な熱意を感じました。

英会話スクールの質は、授業や講師だけでなく、受講生の本気度や雰囲気によっても作られていくもの。

FORWARDの場合は、楽しい雰囲気で本気英語を学ぶという受講生が集まっていて、僕個人としても「英語がもっとうまくなりたい!」とモチベーションがかなり上がりました。

⑤毎日通っても月3万円台~とコスパに優れる

忍者
ALLなど受け放題のクラスや、受講回数や時間、クオリティから判断してコスパは凄すぎです!

FORWARDのレッスンは月謝制で、最も人気の「スタンダードコース」は、税抜き月3万円台。

月謝で3万円台というと、むしろ高く思われるかもしれません。

しかし、最後のまとめにあるように、他社のスクールと比べても、1回(40分あたり)188円~1,393円と圧倒的にコストパフォーマンスが凄いのです。

スタンダードコースの場合は、月に28回からなんと208回まで受講も可能になるからです。

例えば必修の「ALLクラス」、映画を使ったリスニング・スピーキングのトレーニングや、選択クラスの中にも、マンツーマンでチェックを毎日受けられるものもあるのです。

またRMCコースと呼ばれるオンラインビデオコースも必須とされていますが、こちらの受講料も一般より半額の3千円だけ。

代表の石渡さんから直接、スピーチ朗唱において必要な、発音や意味、ボディランゲージを含む練習の仕方など、盛りだくさんのことが学べるそうです。

FORWARD生のリアルな口コミ・評判をインタビュー

忍者
ここで、FORWARDの生徒の方に「ぶっちゃけどうですか?」というレビューを聞いてみました!
Futoshiさん
男性

仕事で英語が必要になって受講しました。実際に入学してみて、生徒同士で一つの課題に取り組む「プロジェクトワーク」が楽しかったです。最近は駅で困っている人を見ると、助けてあげるようになりました。

Hiroshiさん
男性
これまで我流で英語を学んできたので、ちゃんと学びたいと思いました。入学すると、普通の学校はとは違い時間制ではなく、毎日通えることに驚きました。特に、受講生同士で学びあうという雰囲気が好きです。いろんな人と知り合えるのも楽しみの一つです。
Norikoさん
女性
英語でスピーチをする団体に所属していた時、自分だけスピーチを理解できていないのが悔しく、英語を本気で学びたいと入学しました。先生も生徒も熱心なので、「ここでチャレンジしたい」と思いました。書く、話す、読むなど、すべてのジャンルを学べるのが素晴らしいです。プロジェクトワークは、学園祭みたいな雰囲気で楽しいですね。
Miyakoさん
女性

仕事で英語がうまく使えず悔しくて、FORWARDのワンデープログラムに参加しました。最初は代表の石渡さんが直接生徒に教えていることに驚きました。しかし、一般的なスクールにはないプロジェクトワークやディスカッション形式のレッスンに魅力を感じて入学しました。

Tamaoさん
女性

もともと演劇をやっていたのですが、友人にすすめられ体験。1日中英語をぶっ通して使っていて、体験レッスンの帰り道で日本語を話すのが違和感があるくらいでした。FORWARDではプロジェクトワークなどを通じて、課題を英語で解決するので、英語で考える癖がついてきたのがいいですね。

忍者
インタビューで分かったことは、

  • グループワークで考える
  • 受講者同士のつながり
  • 1日中英語で考え発言する環境

に魅力を感じている方が多いですね。

インタビューさせていただく最中も、生徒同士で「確かにそうだよね~!」という和やかな雰囲気が流れていました。

FORWARDで英語を学ぶのがおすすめな人

忍者
実際に2日に渡ってレッスンを体験し、こんな人にはおすすめできる!と思った人を紹介していきます。

英語でのコミュニュケーション力を高めたい人

これまでTOEICですでに高い点を取っていたり、テキストで学んでいたけれど、実際にアウトプットする力に課題を感じている人にはかなりおすすめできます。

特に英語が仕事で必要な人などは、プレゼンテーションやグループワークなど、実際のワークの中から英語を学べるので、他社スクールよりもより実践を積むことができます。

たくさんの友達を作って楽しく学びたい人

最近は、短期集中型のマンツーマンスクールが流行っていますが、グループで何かの課題を解決する過程で、楽しみながら英語を学ぶ方が自分に合っている人もいると思います。

そんな人は、プロジェクトワークによって仲間とともに英語を学べるFORWARDをおすすめします。

FORWARDではレッスンだけでなく、フェスティバルという催し物の企画、推進など、英語を使ってチームで物事を動かす機会が豊富にあります。

英語を本気でマスターしようと決心している人

英語学習は長期間にわたりますし、孤独に陥りやすいもの。

モチベーションの波もあり、継続的に学習していくことは簡単ではありません。

FORWARDでは生徒の本気度が高く、休憩時間にも積極的に講師の方に質問をしたり、時には生徒同士で学び合ったりと、お互いを高めあえる空間があります。

そんな意欲的な仲間と本気で英語をマスターしたい方には、とてもおすすめできるスクールです。

FORWARDを一般的な英会話スクール比較

忍者
FORWARDを一般的な英会話スクールやオンライン英会話と比較してみました!
FORWARD 一般的な英会話スクール 一般的なオンライン英会話
受講期間 期間の定めなし 3ヶ月~6か月 自由
回数 月28回~208回
ALLクラスは
月188回まで受け放題
4回〜12回(1回40分) 1日1回(1回約25分)
料金(1ヶ月あたり) 39,000円 2〜20万円 約6,000円~
1回あたり 188円~1,393円 5,000~1万円 200円台~
入会金 35,000円(税抜) 3〜5万円 なし
教材費 3,000円 約3,000〜2万円 なし
講師 日本人バイリンガル講師
ネイティブ講師
日本人バイリンガル講師
外国人講師
フィリピン人講師
オンライン対応 あり なし あり
予約システム 決まった時間に出席 オンライン、電話 オンライン
授業外のサポート 自宅課題 自宅課題 特になし

*FORWARDは「スタンダードコース」で比較

FORWARDと一般的な英会話スクールを比較すると、これまでご紹介したように「プロジェクトワーク」によってグループワークをしていく点が大きく異なります。

スクールに一歩踏み入れると英語オンリーな環境というのも、かなりめずらしいです。

受講料はひと月あたりとして大手スクールと比較すると同等程度かやや安い程度ですが、注目すべきは「毎日来れる」という点。

ご覧の通り、1コマ40分あたりで言うと188円~1,393円で受講できます。

オンライン英会話のような料金ですが、オンライン英会話にはない、「リアルな場への通学」を毎日できます。

そのため、例えば仕事が終わった後に、時間がある日は通学するというスタイルをとることもでき、学習が習慣化しやすいと言えます。

まとめ

今回、FORWARDを体験して感じたことを改めてまとめると、

  • 英語で考え、発信するという訓練が圧倒的に充実
  • 受講生同士のコミュニティが強い
  • 本気の人は毎日来れる

という点が特に印象的でした。

本気で上達2日間の授業が終わった後には「もっと英語で上を目指したい!」と、さらなるモチベーションが生まれてきました!

これは、熱意のある講師の方々をはじめ、生徒同士でもお互い高め合えた結果だと思っています。

FORWARDでは、まず「ワンデープログラム」という入学を検討している人向けのプログラムがあるので、興味をお持ちの方はぜひ参加してみましょう。

 

【厳選】結果の出る英会話スクール15選!

 

「今年こそは、英語をなんとか身につけたい…」

「でも、英語の独学には限界がある…」。

そんな方におすすめなのが、結果にコミットする「コーチング型」の英会話スクールです。

「コーチング型スクール」は、一般的な「ネイティブ講師と話すだけ」の英会話スクールと比べ、効果的な勉強法で、しっかりと学習時間を確保するスタイル。

それにより、「3ヵ月で英語の会議に参加できるようになった!」など、圧倒的に結果が出ることで評判です。

 

忍者

ここでは、20社以上の英会話スクールに実際に足を運んでレッスンを受けた僕が、「コーチング型」の英会話スクールを合計で15社厳選して紹介しています。

詳細は以下バナーからご覧下さい↓↓↓