ベストティーチャーの口コミは?オンライン英会話利用者200人の口コミを分析

忍者
オンライン英会話のベストティーチャーは、ライティングの練習もできるって聞いたんだけど、実際にどうなんだろう?

 

具体的なレッスンの流れとか、受講者の口コミ・評判と、体験談も知りたい!

Nakadomari
確かに、ベストティーチャーのライティング・レッスンはかなり珍しいシステムなので気になりますよね。

 

今回は、実際にどうなのか徹底検証してみました!

オンライン英会話といえば、「話す」に特化した英語学習というイメージが強いですが、ベストティーチャーライティングとスピーキングをセットにしたレッスンを提供しているのをご存知ですか?

本記事では、ベストティーチャーの口コミや料金体系を紹介するだけでなく、実際にレッスンを体験した上で感じたメリットやデメリットまで徹底解説します!

この記事のライター

Nakadomari

独学で2014年に英検1級を取得し、英検に関しては全ての級の受験経験あり。TOEICで930点。大阪大学外国語学部で英語を専攻。コラム執筆や英語ニュースの翻訳に携わりながら、音楽クリエイターの顔も持つ。留学や海外滞在なしでもハイレベルな英語力を身につける方法を日々研究中。

独学で2014年に英検1級を取得し、英検に関しては全ての級の受験経験あり。TOEICで930点。大阪大学外国語学部で英語を専攻。コラム執筆や英語ニュースの翻訳に携わりながら、音楽クリエイターの顔も持つ。留学や海外滞在なしでもハイレベルな英語力を身につける方法を日々研究中。

ベストティーチャーは書いて話せる英語力を磨きたい人におすすめ!300件の口コミを分析

忍者
当サイトが実施した「オンライン英会話口コミアンケート」の結果は以下です!
評価項目コメント
学習効果評価| 4.0点
大手と比べても遜色ない十分な学習効果が得られる
レッスン料金評価| 3.1点
月額料金はやや高めの印象
講師の質評価| 3.7点
講師のレベルは平均以上で高め
通信状況評価| 3.8点
独自のレッスン画面「ベストーク」の評判は良い
予約の取りやすさ評価| 3.5点
24時間対応で予約の取りやすさはまずまず
カリキュラム評価| 3.8点
ライティングとセットのレッスンに馴染めるかが鍵

 

オンライン英会話口コミアンケート
当サイトでは、過去にオンライン英会話に入会し、受講した方約200名に対してインターネット上でアンケート調査を実施し、複数回答を含めると300件以上もの回答を得ました。それにより得られた口コミを分析して、レビューしています。

 

 

高評価の口コミ


大学生 中級者
海外の大学に進学するためにIELTSのスコアが必要だったため、ベストティーチャーを始めました。

自分が書いた英作文を優秀なネイティブの講師陣が丁寧に添削した後に音声とともに返却してくれるのでライティング、スピーキング能力を同時に高められて無事に目標スコアも取得できました。


中高生 中級者
子供が英検対策に受講しました。不安そうにしていた本人も、先生が優しかったのでだんだんレッスンが楽しみになっていったようです。添削のお陰で作文は随分早くまとまりのある文を書けるようになりました。
文法も間違えやすいところを一緒に教えてくれて頭の整理をしながら学べていました。

社会人 初心者
ベストティーチャーのレッスンは、いきなり英会話を話す授業ではなく、まず会話をしたいことを書いて講師に伝えるところから始まります。初心者がいきなりネイティブ講師と会話をすることはまず無理なので、初心者の私にはとてもありがたいシステムでした。

※タップで口コミ表示

低評価の口コミ


社会人 中級者
ベストティーチャーはまずライティングを完了してからじゃないと予約が取れないので、とにかく話すことだけをしたい人には向いてないかもしれません。自分の話す英語に自信のない人には向いていると思います。

社会人 初心者
英語のライティングのスキルを高める目的で受講しました。ここは講師陣が多く所属していますが、講師の質は結構まばらだと思っています。良い講師もいれば仕事に対する姿勢がなってない講師もいた印象です。

社会人 初心者
「読む、聞く」だけでなく「話す、書く」まで効率よく学べて実際に役立つ英語が習得できました。ただ他のスクールより料金がかかるのが痛かったです。

※タップで口コミ表示

忍者
ベストティーチャーはやっぱり、ライティングとセットのレッスンが好評だね!
Nakadomari
そうだね!一方、ライティングレッスンがある代わりにスピーキングの練習に使える時間が減るという口コミや、料金の高さを指摘した意見も目立ちました。

 

また、他のオンライン英会話と同様にやはり講師との相性の問題は避けられません。

以上のような口コミを分析した上で、ベストティーチャーは次のような人におすすめです!

ベストティーチャーがおすすめの人

  1. ライティングとスピーキングの力を高めたい人
  2. 特定の資格試験の対策をしたい人
  3. 国籍など講師の条件に特にこだわらない人
  4. オンライン英会話に月額1万円以上の予算を確保できる人

ベストティーチャーの3つの特徴

忍者
ベストティーチャーならではの特徴ってどんなところ?
Nakadomari
それでは、ライティングレッスンを含め、ベストティーチャーらしさが分かる3つの特徴をご紹介します!

ベストティーチャーの特徴

  1. 「書いて、話す」が軸のレッスン
  2. 十分な用意をしてスピーキングレッスンが受けられる
  3. 資格試験対策が充実

①「書いて、話す」が軸のレッスン

ここまででもお伝えしたように、ベストティーチャーの最大の特徴はライティングとスピーキングがセットとなったレッスンです。

ライティングレッスンの様子

※引用:best-teacher-inc.com/

ベストティーチャーのライティングレッスンは、「自己紹介」、「英文メール」、「プレゼンテーション」など、1,000以上のシチュエーションに基づいています。

Nakadomari
最初の講師の質問に対して英文で応答すると、数分ほどで講師から返信が来ます。
忍者
この会話は無制限で利用できるの?
Nakadomari
ライティングレッスンでは最大5往復の対話が可能で、いつでも好きな時に中断・再開できます。

最後の応答が終わった後、講師から英文の添削が届きます。

ベストティーチャーの添削例

※引用:best-teacher-inc.com/

忍者
でも、文法ミスが少ない上級者だったらあんまり意味ないんじゃない?
Nakadomari
英文に目立つミスがない場合、「こういう言い回しもできる」というアドバイスが受けられるので、上級者でも表現の幅を広げることが可能です!

講師の英文と添削後の自分の英文は、すべて音声として録音されてmp3形式で保存できるので、復習にも活用できます。

②十分な用意をしてスピーキングレッスンが受けられる

ベストティーチャーでは、先ほど解説したライティングレッスンを受けた後、その内容をベースにスピーキングのレッスンが行われます。

ベストティーチャーのレッスンの流れ

※引用:best-teacher-inc.com/

Nakadomari
僕もそうですが、オンライン英会話ってなんか緊張しますよね。あらかじめ十分に用意をしてスピーキングレッスンに臨めるのは、安心感があって継続しやすいです!
忍者
レッスンは1日1回なの?
Nakadomari
ベストティーチャーでは1日、1か月のレッスンの受講回数は無制限!

ライティングレッスン同時に3つまで受講でき、最大数受講した場合は添削が完了すると新たなレッスンを追加できます。

スピーキングレッスン1度に1つしか予約できませんが、受講後はもちろん何度でも予約可能。

③資格試験対策が充実

TOEFL iBTやTOEIC SW、IELTS、英検など資格試験対策が充実しているのもベストティーチャーの強みです。

ベストティーチャーの主な3つのコース

※引用:best-teacher-inc.com/

忍者
他社にも資格試験対策コースってあるよね?
Nakadomari
確かにそうですが、ベストティーチャーは資格試験ごとに細かくコースが設置されているので、徹底した対策が受けられます。

 

また、ライティングの添削も受けられるのはベストティーチャーならでは!

GTEC CBTの対策も可能なので、中高生の英語学習や資格取得にもベストティーチャーは大きな力となります。

ベストティーチャー口コミ・評判は?

忍者
ベストティーチャーの口コミをもう少し詳しく知りたい!
Nakadomari
了解!ベストティーチャーの評判をさらに詳しく紹介、分析します!

ポジティブな口コミ

社会人 初心者
ベストティーチャーは、講師とのテキストチャットのやり取りで自分自身のスクリプトを作り、それを講師が音声に録音してくれて、それをもとにスカイプで会話をするちょっと変わった勉強方法で覚えやすかったです。
社会人 中級者
いったん英語で自分の考えをまとめて文字にして、その添削をしてもらってからの会話レッスンなので、話す内容もあらかじめ考えられるのが良かったです。

ベストティーチャーのポジティブな口コミは、やはりライティングの添削を含んだレッスンに関するものが中心。

なお、ベストティーチャーでは専用レッスン画面のベストークだけでなく、オリジナルのアプリやSkypeを使ったレッスンも可能です。

ネガティブな口コミ

社会人 初心者
ライティングが終わると講師が毎回添削をしてくれるんですが、酷い講師だとこの添削がかなりいい加減でした。
社会人 初心者
自分の書いた文章をスピーキング教材として使う形ですが、添削を担当する講師によっては選択したトークテーマから話題が逸れることがありました。

 

長い英文を書くことが難しく、文章が短いと約30分のレッスンの後半ほとんどがフリートークで終わりました。そう言った意味では中級者向けです。

ベストティーチャーのネガティブな口コミは、講師の質にバラつきがあるという意見のほか、そもそもライティングを前提としたレッスンを初心者がこなせないと指摘したものも多いです。

Nakadomari
確かに、英会話だけでなく英語学習自体が初心者の方にとってはかなりハードルが高いです。

講師の質に関しては、どのオンライン英会話サービスでも「バラつきがある」という口コミが目立ちます。

ただ、ベストティーチャーは講師の国籍などに偏りが生じないような採用基準を設けており、レッスン回数も無制限なので、いろんな講師を試してみるのもいいかもしれません。

ベストティーチャーの講師紹介ページ

※引用:best-teacher-inc.com/

Nakadomari
ベストティーチャーではオンライン英会話で定番のフィリピン、セルビアだけでなく、カナダやアメリカなど英語ネイティブの講師も在籍しています。

ベストティーチャーのコース・料金

Nakadomari
次に、ベストティーチャーの料金などをまとめてご紹介します!
スクールの概要
料金
  • 通常英会話コース 10,909円(税抜)
  • 試験対策コース 15,000円(税抜)
  • 英検対策コース 15,000円(税抜)
1レッスン単価受講回数無制限
受講内容ライティングレッスンの受講
スピーキングレッスンの受講
教材の利用
講師の国籍セルビア、フィリピンを始め、カナダなどネイティブも在籍
教材オリジナル教材
運営会社と所在地 運営会社 : 株式会社ベストティーチャー
会社所在地 : 渋谷区代々木1-27-5 代々木市川ビル 2F

ベストティーチャーには大きく分けて通常(日常)英会話コースと、試験対策コース、英検対策コースがあります。

試験対策コースはTOEIC SWやTOEFL iBTなどの試験別にさらに分かれており、英検対策コースは3級から1級まで対応。

また、試験対策・英検対策コースでは通常英会話コースのレッスンも受講可能。

忍者
ベストティーチャーにビジネスコースはないの?
Nakadomari
通常英会話コースのみ、月額1,500円(税込)をオプションで追加することで、日経の記事を活用したビジネスコースを受講できます!

LissNby NIKKEI (ビジネス)コース

※引用:best-teacher-inc.com/

レッスン回数に制限はないので、受講すれば受講するほどコスパはアップします。

ただし、ライティングレッスンは同時に進行できるのが3つまで、スピーキングレッスンの予約は1度に1つまでという条件に注意。

忍者
講師陣も世界各国から集まっているんだね!
Nakadomari
ベストティーチャーにはセルビア、フィリピン以外にも、カナダなどのネイティブ講師も在籍しています。

受講生のシチュエーションに合ったオリジナルの英文が講師によって添削され、そのまま教材となるため、自分にぴったりのレッスンが受講できます。

なお、LissNby NIKKEI (ビジネス)コースのライティングレッスンでは、ニュースに対してライティングでは意見を述べる、記事の要約をするスピーキングでは記事についてディスカッションするといった練習がメインです。

ベストティーチャーを他のオンライン英会話と比較

Nakadomari
先ほどの概要を踏まえたうえで、ベストティーチャーを大手2社と比較してみました!
ベストティーチャーDMM英会話レアジョブ
レッスン時間1レッスン25分(スピーキング)1レッスン25分1レッスン25分
料金
  • 通常英会話コース 10,909円(税抜)
  • 試験対策コース 15,000円(税抜)
  • 英検対策コース 15,000円(税抜)
  • スタンダードプラン

(ネイティブ・日本人を除く講師)
毎日1レッスンプラン : 6,000円(税抜)
毎日2レッスンプラン : 9,982円(税抜)
毎日3レッスンプラン : 14,056円(税抜)

  • プラスネイティブプラン

(ネイティブ・日本人を含む講師)
毎日1レッスンプラン : 14,630円(税抜)
毎日2レッスンプラン : 28,889円(税抜)
毎日3レッスンプラン : 41,760円(税抜

  • 日常英会話コース

月8レッスン : 4,200円(税抜)
毎日1レッスン : 5,800円(税抜)

  • ビジネス英会話コース

毎日1レッスン : 9,800円(税抜)

  • 中学、高校生コース

毎日1レッスン : 9,800円(税抜)

1レッスン単価受講回数無制限
  • スタンダードプラン

毎日1レッスンプラン : 193円(税抜)
毎日2レッスンプラン : 161円(税抜)
毎日3レッスンプラン : 151円(税抜)

  • プラスネイティブプラン

毎日1レッスンプラン : 471円(税抜)
毎日2レッスンプラン : 465円(税抜)
毎日3レッスンプラン : 449円(税抜)

  • 日常英会話コース

月8レッスン : 525円(税抜)
毎日1レッスン : 187円(税抜)

  • ビジネス英会話コース

毎日1レッスン : 316円(税抜)

  • 中学、高校生コース

毎日1レッスン : 316円(税抜)

受講内容ライティングレッスンの受講
スピーキングレッスンの受講
教材の利用
レッスン受講
オリジナル教材の利用(印刷可)
出版社教材の利用(印刷不可)
英語学習プログラム「iKnow!」の利用
レッスン受講
オリジナル教材の利用
講師の国籍セルビア、フィリピンを始め、カナダなどネイティブも在籍アメリカ・イギリス・カナダ
オーストラリアを含む100カ国以上
フィリピン
教材オリジナル教材オリジナル教材
出版社(市販)教材
オリジナル教材

*表は右へスクロールできます

DMM英会話と比較

ベストティーチャーの通常英会話コース10,909円(税抜)と、DMM英会話のスタンダードプラン6,000円(税抜)を比べると、DMM英会話の方が費用はかなり抑えられます。

忍者
こんなに価格が違うんだ!それならDMM英会話の方がいいんじゃ…。
Nakadomari
実はそうとも言い切れないんです!

どのコースでもネイティブを含めて様々な国籍の講師を選べるベストティーチャーに対し、DMM英会話でネイティブ講師のレッスンを受けるには、最低14,630円(税抜)のプラスネイティブプランに加入する必要があります。

Nakadomari
DMM英会話のスタンダードプランでは、フィリピン人など非ネイティブ講師だけ(日本人講師は除く)選択できます。

また、DMM英会話は1日のレッスン数によって料金も異なりますが、ベストティーチャーではどのコースでもレッスン回数が無制限なので、受講回数が多ければ結果的に後者のコスパがよくなります。

忍者
DMM英会話ではライティングは学べないの?
Nakadomari
基本的にはスピーキングに特化したレッスンを進行し、教材に使われた文法や語彙を適宜解説する形です。

ライティングスキルも高めたいならベストティーチャーはうってつけのオンライン英会話ですが、最低限の文法力・語彙力がないとうまく活用できない可能性も。

一方、DMM英会話は簡単な挨拶から学べるので、英語学習初心者でも安心して挑戦できます。

Nakadomari
基本的な読解やライティングに抵抗がなく、レッスンを多く受けたいならベストティーチャーがおすすめ。

 

それほど多くのレッスンは必要ない方で、特に初心者であればDMM英会話が最適です。

DMM英会話の口コミやレッスン受講体験談はこちら!

DMM英会話の口コミは?利用者200人の評判を分析【体験談あり】

2019.09.16

レアジョブと比較

レアジョブの講師はフィリピン人に限られますが、ベストティーチャーは世界各国の講師が在籍しています。

料金の面では、レアジョブは1日1レッスンの日常英会話コースが 5,800円(税抜)、ビジネスコースでも 9,800円(税抜)なので、ベストティーチャーに比べるとお得感があると言えるでしょう。

Nakadomari
ただ、やはり何回もレッスンを受けるなら回数無制限のベストティーチャーの方がコスパが良いです。

また、レアジョブには月8回の日常英会話レッスンで4,200円(税抜)という破格のコースもあります。

忍者
どちらもビジネスコースに力を入れている印象だけど、何か違いはあるの?

ベストティーチャーのビジネスコースは日経と提携したものなので、ニュース記事を用いたライティングとスピーキングがメインになり、かなりレベルは高めです。

一方、レアジョブは基礎的なビジネス英会話から学べるので、初心者でも取り組みやすいのがポイント。

Nakadomari
様々な国籍の講師と会話したい、ビジネスライティングも学びたいならベストティーチャー、まずは基本的な会話力を磨きたい場合はレアジョブを検討しましょう!

レアジョブ英会話の口コミは?利用者200人の評判を分析【体験談あり】

2019.09.21

ベストティーチャーを体験した私の感想

Nakadomari
僕も実際にベストティーチャーを体験してみました!

ベストティーチャーを選んだ理由

ベストティーチャーを選んだのは、何といってもライティングとセットのレッスンが魅力的だったからです。

Nakadomari
他社のインライン英会話でも、教材に沿った文法の解説などは確かにありましたが、それでも「ライティング・レッスン」といえるものはベストティーチャーが初めてです。
忍者
そう考えると、ありそうでなかったサービスかもね!
Nakadomari
スピーキングもそうですが、ライティングも一人では学習しづらいので、自宅にいながら英会話と合わせて英文の添削を受けられるのはとても貴重だと思います。

というわけで早速、ベストティーチャーの無料会員登録をしてみました!

ベストティーチャーの受講内容

会員登録後、まずは「自己紹介トピック」にトライ。

体験レッスンの流れ

※引用:best-teacher-inc.com/

ライティングレッスンの画面を表示すると、講師の質問が掲載されたポップアップが出てきたので、返答してみました。

最初の対話

※引用:best-teacher-inc.com/

Nakadomari
「ジムのトレーナーをしている」、「大阪に住んでいる」など、自己紹介について5往復の対話を完了しました!

ちなみに、返答を送信する前には必ず確認画面が表示されます。

返答の確認画面

※引用:best-teacher-inc.com/

忍者
講師からの返事はどれくらいで来た?
Nakadomari
今回はすべての返事が1分ほどで来ましたが、混み合う時間帯はそれよりも時間がかかることがあるそうです。

返事が来ると、ライティングレッスン画面の右上に通知が表示されるだけでなく、登録したメールアドレスにも同様のメッセージが届きます。

返信が来ると通知される

※引用:best-teacher-inc.com/

すべての対話が終わった後、1時間ぐらいで添削結果が届きました。

実際の添削

※引用:best-teacher-inc.com/

Nakadomari
各発言に対してこのように講師の添削が表示されます。

ベストレ

※引用:best-teacher-inc.com/

添削後はこのようにシステム化された「ベストレ」を使って復習、すべて終えたらスピーキングレッスンに挑戦できます。

今回はベストレ終了後、フィリピン人のMaria先生の授業を受けてみました。

マリア先生の紹介ページ

ベストティーチャーを実際にやってみた結果は?

Nakadomari
ライティングレッスンやベストレを終え、いよいよスピーキングレッスンです!

※引用:best-teacher-inc.com/

ライティングの復習をしていると、あっという間にレッスン時間がやってきたので、ベストークに入室しました。

左側にはお互いの映像とチャット、右側にはライティングレッスンの添削結果がそのまま教材として表示されています。

Nakadomari
時間になり、先生が入室すると自動的にレッスンが始まります!

※引用:best-teacher-inc.com/

Maria先生
Hello. My name is Maria. Nice to meet you! How can I call your first name?
(こんにちは。マリアです。よろしくね!名前は何て呼べばいいですか?)
Nakadomari
Hello! Nice to meet you, Ms. Maria. My name is Takashi Nakadomari. Please call me Takashi.
(こんにちは。よろしくお願いしますマリア先生。僕はナカドマリ・タカシです。タカシと呼んでください)
Maria先生
Thank you, Takashi. First, we read and discuss the script you wrote, and if we have time after that, let’s do some free talk!
(ありがとうございます。まず初めにあなたがライティングレッスンで書いたスクリプトを使った学習をして、時間があればフリートークをしましょう!)

このような流れでスピーキングレッスンが始まり、今回は比較的平易な自己紹介トピックということもあってスクリプトの学習は5分程度で終わりました。

フリートークでは、先生からいくつかジャンルが提示されて、その中の“Art”を選ぶと、芸術一般に関連した質問が。

※引用:best-teacher-inc.com/

Maria先生
Do you think graffiti is art?
(グラフィティは芸術だと思いますか?)
Nakadomari
Ah…what is the meaning of “graffiti”?
(えっと、「グラフィティ」ってどういう意味ですか?)
Maria先生
For example, paintings on walls at a street. Some people say it’s vandalism, not art.
(たとえば、街中の壁に描かれた絵などです。それは芸術ではなく、破壊行為だという意見もあります)
Nakadomari
So, is it like Banksy?
(ということは、つまりバンクシーのようなことですか?)
Maria先生
Yes, that’s right!
(そうそう、まさにそれです!)

このように、Maria先生はフレンドリーな雰囲気だったので、とても話しやすかったです。英語に関する説明も的確でスムーズでした。

Nakadomari
他にも僕が音楽を作っていることや宇多田ヒカルの作品についても盛り上がり、あっという間に25分のレッスンが終了しました。

ベストティーチャーでライティング・スピーキングレッスンを受けて感じたメリットは次の3つです。

ベストティーチャーのココがいい!

  1. アウトプットの学習がコンパクトに完結
  2. 添付される音声の質が高い
  3. オプション価格なしで多国籍の講師陣が選べる

実際にベストティーチャーを体験してから、添削の復習システム「べストレ」の存在を知ったのですが、その質の高さは衝撃的でした。

ベストレのシャドーイング

※引用:best-teacher-inc.com/

まず、ベストレでは添削内容のチェックをしたら、講師が録音した音声に合わせて発音(オーバーラッピング)、その後はシャドーイングを行うのですが、画面上で速度を自由に変えられます。

Nakadomari
しかも、ライティングのすべての英文に対して講師が添付した音声は、発音はも音質もかなり良く、これだけでも非常に貴重な教材です。

ベストレのディクテーション

※引用:best-teacher-inc.com/

シャドーイングに留まらず、なんとディクテーション問題まで用意されるので、英語学習におけるアウトプットの勉強はベストークで十分!

Nakadomari
ちなみに、ディクテーションは一部の表現だけ穴埋め、または全英文の入力のどちらかを選べます。

また、講師の国籍もフィリピンやセルビアの方が多い印象はあったものの、確かに多国籍ですし、「看護師」など講師の細かいプロフィールが表示されていて、いろんな外国人と英語を学べるチャンスがあります。

Nakadomari
Maria先生は発音の癖は全くなかったですし、とても気さくでリラックスしてレッスンを受けられました。

一方、ベストティーチャーを体験して気になる点も。

ベストティーチャーのココが気になる!

  1. ベストークが使えないことがある
  2. スピーキングレッスンに辿り着くまでが長い
  3. 全くの英語初心者にはハードルが高い

システムの面では、オリジナルレッスン画面のベストークは現段階ではまだベータ版であり、Skypeしか対応していない講師もいます。

また、ベストークに入室する際に通信環境などのチェックがあるのですが、結構厳しめな印象を受けました。

ベストークの環境チェック

※引用:best-teacher-inc.com/

最後の通信速度のチェックの際、YouTubeの動画を見ていたら失敗してしまい、「Skypeを使ってください」という旨が表示されました。

その後、動画を見ずに再びチェックすると上手くいったので、ベストークを使う際には他の作業はしないなど、注意が必要です。

Nakadomari
音質や画質は特に問題点はありませんでした。

続いてレッスンの気になる点は、メリットの裏返しでもあるのですが、ライティングレッスンがあるためにスピーキングレッスンに辿り着くまでかなり時間が掛かるということです。

Nakadomari
今回、ライティング内容を考えて打ち込むのに20分、そこから添削が来るまで1時間掛かったので、「思い立ったときに英語を話したい」という使い方は難しそうです。

ただ、時間を効率的に使うためにベストティーチャーでは下記のように、ライティングレッスンを同時進行する使い方が奨励されています。

ライティングレッスンのコツ

※引用:best-teacher-inc.com/

ただ、ライティング自体も簡単とは言い切れませんし、英語学習初心者が取り組むとスピーキングレッスンに辿り着くまでに時間が掛かり過ぎたり、学習の不安が増したりする印象も。

Nakadomari
お伝えしたように、これはメリットと表裏一体なので、言い方を変えればベストティーチャーだけでしっかり英語が勉強できるということです。
忍者
メリット・デメリット一言でまとめると、ベストティーチャーはどうだった?
Nakadomari
慣れてしまえば、とにかくライティングと組み合わせたレッスンが最強だと感じました!

英会話を学ぶといっても、実際には文法や単語の知識も必要なので、ライティングやリーディング、リスニングの力も同時に磨く必要があります。

ベストティーチャーは、ライティングとスピーキングを軸に四技能を十分に鍛えられるオンライン英会話です!

初級から中級への橋渡し、英語力の伸び悩みを感じている中上級者の方は、「会話だけじゃないオンライン英会話」にぜひ挑戦してみてください。

【2020年】オンライン英会話おすすめ14社を徹底比較!実際に体験した筆者が超正直に比較

2020.04.21