レアジョブ英会話の口コミは?利用者200人の評判を分析【体験談あり】

忍者
オンライン英会話に興味があるんだけど、最近よく聞くレアジョブってどうなんだろう?

ほかのスクールとは何が違うのかな?実際にレッスンを受けた人の口コミとか、評判も知りたい!

Nakadomari
企業や教育機関でも導入されているレアジョブ、どんな講師が教えるのか、料金はどれくらいなのか、確かに気になりますね。

時間も場所も問わず、ネット環境さえあれば気軽に受けられるオンライン英会話。企業の研修、高校や大学などにも活用されているレアジョブ英会話は、代表的なオンライン英会話サービスの一つです。

実際にレアジョブを調べてみると、講師はフィリピン人のみなので、どんなレッスンになるかイメージが湧きづらいかもしれません。

そこで、本記事では独自に調査したレアジョブの口コミを紹介。分析するだけでなく、他社との比較や実際に僕がレッスンを受けた体験談もお伝えします。

この記事のライター

Nakadomari

独学で2014年に英検1級を取得し、英検に関しては全ての級の受験経験あり。TOEICで930点。大阪大学外国語学部で英語を専攻。コラム執筆や英語ニュースの翻訳に携わりながら、音楽クリエイターの顔も持つ。留学や海外滞在なしでもハイレベルな英語力を身につける方法を日々研究中。

独学で2014年に英検1級を取得し、英検に関しては全ての級の受験経験あり。TOEICで930点。大阪大学外国語学部で英語を専攻。コラム執筆や英語ニュースの翻訳に携わりながら、音楽クリエイターの顔も持つ。留学や海外滞在なしでもハイレベルな英語力を身につける方法を日々研究中。

レアジョブは「安くとにかく話したい人」におすすめ!300件の口コミを分析

レアジョブは日常会話からビジネスシーンまで、目的に合わせた英会話を厳選されたフィリピン人講師とともに計画的に学べるオンライン英会話サービスです。

評価項目 コメント
学習効果 評価| 3.9点
英語を話す機会を確実に増やせるが、レッスンごとの効果はまずまず。
レッスン料金 評価| 3.6点
他社のオンライン英会話と比べると取り組みやすい価格。
講師の質 評価| 3.7点
フィリピン人講師がメイン。質はバラツキがあり、やや相性が問われる。
通信状況 評価| 3.7点
独自の通信システムを完備しているが、通信に遅延が起こることも。
予約の取りやすさ 評価| 3.9点
人気講師は予約が埋まりやすいものの、全体的には取りやすい。
カリキュラム 評価| 3.9点
教材は広く浅くだが、カウンセリングもあって体系的に学習しやすい。

 

オンライン英会話口コミアンケート
当サイトでは、過去にオンライン英会話に入会し、受講した方約200名に対してインターネット上でアンケート調査を実施し、複数回答を含めると300件以上もの回答を得ました。それにより得られた口コミを分析して、レビューしています。

ここからは、レアジョブで実際にレッスンを受けた方々の口コミをご紹介します。

高評価の口コミ


社会人 中級者
何人かの講師の方にレッスンを受けさせてもらいましたが、どの方も丁寧に教えてくれてよかった。
価格も安く時間も暇な時にできる為、ホントに気軽にできるものでした。

社会人 初心者
体験授業をした後に、日本人の担当の方とお話しをしてどのクラスがいいのか、話せるようになるにはどのくらい期間が必要か教えてくれた事は親切でよかったです。

社会人 上級者
フィリピン人の先生で、カリキュラムに沿ってしっかりとやってくれている印象でした。
値段が安いので、たくさん英語を練習したい人にはいいと思いました。

※タップで口コミ表示

低評価の口コミ


社会 上級者
完全なネイティブではないので、先生によってはアクセントが気になる方もいました。(初心者で基礎的な練習をするのには問題ないかと思います)
きちんとした印象はありましたが、アドバンスのレベルを求めていると多少単調に感じられるかもしれません。

社会人 中級者
広めのテーマの教材なので深い内容には踏み込んでいないというのが欠点といえば欠点と感じました。

社会人 初心者
初心者向けの先生はゆっくり話してくださったり発音もきれいに教えてくれました。
しかし、先生によってビデオ通話でなく電話での授業だったりばらつきがありました。]

※タップで口コミ表示

Nakadomari
このように、高評価の口コミは手軽な料金プランで英会話の機会を増やせることや、継続的に受けられるカウンセリングについてのものが多いです。

一方、低評価の口コミは教材の内容が浅めなこと、講師によってレッスンの進行や発音などにバラツキが見られることに関するものが目立ちます。

以上のような口コミから、レアジョブは次のような人に特にお勧めです。

レアジョブがおすすめの人

  1. 基礎的な発音や英語表現を学びたい人
  2. 手ごろな価格でとにかく英会話の機会を増やしたい人
  3. ビジネス英語に特化したレッスンを受けたい人
  4. 実践的な英会話に挑戦したい中高生

 

レアジョブの3つの特徴

忍者
レアジョブの特にここがいい!ってポイントはどんなところ?
Nakadomari
それじゃあ、レアジョブならではの3つの特徴を紹介しますね。

レアジョブの特徴

  1. 始めやすく続けやすい料金設定
  2. 日本人による充実したカウンセリング
  3. 目的別に使える3つのプラン

①始めやすく続けやすい料金設定

レアジョブは日常英会話コースの最安値プランが4,200円(税抜)で、毎月8回のレッスンを気軽に受けられます。

さらに、毎日レッスンを受けたとしても日常英会話であれば5,800円、ビジネス英会話・中高生コースなら9,800円(税抜)という料金設定。

最初は月8回から開始し、慣れてきたら毎日レッスンを受ける、というプランの移行がしやすく、まさに英語学習に欠かせないチャンレジのしやすさと継続性の高さを実現した料金といえます。

Nakadomari
ちなみに、月額980円(税抜)をプラスすることで専任のカウンセラーによる学習相談、レッスンの自動予約などのサービスも受けられます。

②日本人による充実したカウンセリング

オンライン英会話のカウンセリングというと単発的なもので、入会したころに1度だけ受けて終わりというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

月額980円(税抜)のあんしんパッケージに加入することで、レアジョブでは3カ月ごとに日本人カウンセラーの学習相談を受けることができます。

カウンセリングでは具体的な目標設定や、前回の目標の達成度の確認をしたうえで、どのようなレッスンを何回受ければいいのかなどのアドバイスを受けられます。

「TOEFLで何点」のように、すでにゴールがハッキリしている方だけでなく、目標が漠然としている方もカウンセラーが現状の英語力を見極めて学習計画を一緒に立ててくれます

Nakadomari
受講者に合った勉強法やお勧めの書籍などを紹介してくれるカウンセリングレポートも届きますよ。

③目的別に使える3つのプラン

レアジョブには大きく分けて

①日常英会話コース
②ビジネス英会話コース
③中学・高校生コース

の3つが用意されており、目的に合わせてプランを選べるというのもポイント。

ビジネス英会話、中学・高校生コースはいずれもTESOL(外国語としての英語教育に関する資格)保有者、独自の認定講師が担当するため、仕事で役立つ英語や大学受験のための英検対策など、目的・目標にぴったりのレッスンを受けられます。

最もベーシックなプラン、日常英会話コースもニュース記事をテーマにしたディスカッション、文法や発音を意識したレッスンというように、受講者のレベルや希望に沿った指導が可能です。

Nakadomari
教材は4,000以上用意されているので、カウンセリングと組み合わせれば自分の希望通りのレッスンが受けられそうですね

レアジョブの口コミ・評判は?

忍者
もう少し実際に受講した人の口コミが知りたい!
Nakadomari
そうですね!ここではポジティブ、ネガティブな口コミをそれぞれ詳しく分析します。

ポジティブな良い口コミ

女性 初心者
ネイティブ講師ではないが、聞き取りやすく特に問題ありませんでした。実際ビジネスで英語を使う際も、ネイティブではない方と会話をすることも多いので、良い練習になります。レッスンの内容も目的によって臨機応変に対応してくれます。
女性 初心者
講師はフィリピン出身の方が多かったのですが、独特の訛りはさほど感じませんでした。どの講師も英会話初心者の私としっかりコミュニケーションをとろうとしてくれたので、レッスンは問題なく受講することができました。
男性 中級者
価格が安いことはもちろんですが、講師の質もある程度維持されており、この価格でこの内容であれば大満足です。

日本人講師やアメリカ・イギリスなどのネイティブ講師も在籍するスクールが多くある中、レアジョブはフィリンピン人講師のみのレッスンです。

そうなると「しっかりとした指導が受けられるかな?」と疑問に思う方も少なくないと思いますが、口コミを見てみると講師の質にバラツキはあれど、ある程度の質は保たれていると感じる方は多いようです。

講師ごとに発音や喋り方の癖は多少あっても厳しい採用試験を突破した先生が用意されているので、少なくとも基礎的な英会話力を磨くのには問題なさそうですね。

また、手ごろな価格で続けやすいという意見も多く見られました。

Nakadomari
特に発音など基本的な内容を学びたい英会話初心者の方の満足度が高いようです。

ネガティブな良い口コミ

女性 中級者
フィリピン人講師が教えてくださるスクールで、会話力には個人差がありました。ネイティブに近い講師から、訛りが強く聞き取りにくい講師まで様々でした。
女性 上級者
カリキュラムは色々揃っているが25分で消化できないこともある。イギリス英語をアメリカの発音に直されるのは微妙だと感じた。
女性 初心者
毎回ネットで予約をするのですが、人気のある先生だとなかなか予約が取れませんでした。また、先生も予定があるため同じ先生の予約を取るのが難しかったです。

レアジョブのネガティブな意見は講師ごとにレッスンの質の差があるという点に触れたものが多く、特に中級者・上級者の間で同様の意見が目立ちます。

これまで長く英語を勉強し、アクセントに関する知識もある方にとっては発音、話し方が気になる講師もいるかもしれません。

ただし、オンライン英会話ビジネスはほとんどフィリピンが拠点なので、相性や講師の質のバラツキはレアジョブ以外のサービスにもあてはまることです。

2つめの口コミにあるように、レアジョブならではの注意点としてはイギリス英語が学びづらいということが挙げられます。フィリピンではアメリカ英語が使われるため、ほかの地域の英語のレッスンを受けたい場合はレアジョブでは確かに難しいです。

Nakadomari
講師の質に関するネガティブな意見もちらほらありますが、料金の敷居が低い点はレアジョブの大きなポイントです。

手ごろな料金に見合ったサービスを想定すると、納得のいくレッスンが受けやすいですよ。

レアジョブのコース・料金

Nakadomari
次に、レアジョブの概要を紹介します。
レアジョブの概要
レッスン時間 1レッスン25分
料金(月額)
  • 日常英会話コース

月8レッスン : 4.200円(税抜)
毎日1レッスン : 5,800円(税抜)

  • ビジネス英会話コース

毎日1レッスン : 9,800円(税抜)

  • 中学、高校生コース

毎日1レッスン : 9,800円(税抜)

  • あんしんパッケージ(オプションサービス)

月額980円(税抜)プラスで専任カウンセラー、自動予約などのサービスが追加

1レッスン単価
  • 日常英会話コース

月8レッスン : 525円(税抜)
毎日1レッスン : 187円(税抜)

  • ビジネス英会話コース

毎日1レッスン : 316円(税抜)

  • 中学、高校生コース

毎日1レッスン : 316円(税抜)

受講内容 レッスン受講
オリジナル教材の利用
講師の国籍 フィリピン人講師中心
教材 オリジナル教材
運営会社と所在地 運営会社 : 株式会社レアジョブ
会社所在地 : 東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル2F

※1レッスンあたりの単価は1ヶ月を31日として計算

レアジョブは1回のレッスンが25分、日常会話コースは月8レッスンと毎日1レッスン(月、最大31レッスン)の2つに分かれており、ほかのプランはすべて毎日1レッスンとなっています。

月8回のプランは翌月分と合わせて最大20レッスンまで繰り越し可能。

オンライン英会話は24時間対応のところも多くありますが、レアジョブは毎日朝6時~深夜1時までの受講になります。

「思ったより時間ができたからレッスンをもう少し受けたい」、「会社で英語のプレゼンがあるから集中的にレッスンを増やしたい」などの場合には、1枚600円(税抜)からレッスンチケットを購入できます。

また、オプションのあんしんパッケージでは下記のサービスが受けられます。

あんしんパッケージの内容

  1. 日本人カウンセラーによる3カ月に1回の定期的な学習相談
  2. あらかじめ設定した時間に自動でレッスンを予約
  3. 有料のスピーキングテストを67%割引価格で受けられる

あんしんパッケージ自体はいずれのプランでも月額980円(税抜)で追加できますが、自動予約は下記の場合使えないので注意が必要です。

自動予約が使えないケース

  1. 月8回プランの方
  2. 法人会員の方

レアジョブを他のオンライン英会話と比較

Nakadomari
主なオンライン英会話サービスとレアジョブを比較して解説します。
レアジョブ DMM英会話 ネイティブキャンプ
レッスン時間 1レッスン25分 1レッスン25分 1レッスン25分
料金
  • 日常英会話コース

月8レッスン : 4.200円(税抜)
毎日1レッスン : 5,800円(税抜)

  • ビジネス英会話コース

毎日1レッスン : 9,800円(税抜)

  • 中学、高校生コース

毎日1レッスン : 9,800円(税抜)

  • スタンダードプラン

(ネイティブ・日本人を除く講師)
毎日1レッスンプラン : 6,000円(税抜)
毎日2レッスンプラン : 9,982円(税抜)
毎日3レッスンプラン : 14,056円(税抜)

  • プラスネイティブプラン

(ネイティブ・日本人を含む講師)
毎日1レッスンプラン : 14,630円(税抜)
毎日2レッスンプラン : 28,889円(税抜)
毎日3レッスンプラン : 41,760円(税抜)

※予約の際は別途コインが必要

  • プレミアムプラン

レッスン回数制限なし : 5,950円(税抜)

  • ファミリープラン

レッスン回数制限なし : 1,980円(税抜)
(家族代表者が無料トライアル、
またはプレミアムプランに加入している必要有り)

1レッスン単価
  • 日常英会話コース

月8レッスン : 525円(税抜)
毎日1レッスン : 187円(税抜)

  • ビジネス英会話コース

毎日1レッスン : 316円(税抜)

  • 中学、高校生コース

毎日1レッスン : 316円(税抜)

  • スタンダードプラン

毎日1レッスンプラン : 193円(税抜)
毎日2レッスンプラン : 161円(税抜)
毎日3レッスンプラン : 151円(税抜)

  • プラスネイティブプラン

毎日1レッスンプラン : 471円(税抜)
毎日2レッスンプラン : 465円(税抜)
毎日3レッスンプラン : 449円(税抜)

いずれのプランもレッスン回数に制限がないため割愛
受講内容 レッスン受講
オリジナル教材の利用
レッスン受講
オリジナル教材の利用(印刷可)
出版社教材の利用(印刷不可)
英語学習プログラム「iKnow!」の利用
レッスン受講
オリジナル教材の利用
カラン教材の利用(別途教材費が発生)
講師の国籍 フィリピン人講師中心 アメリカ・イギリス・カナダ
オーストラリアを含む100カ国以上
フィリピンを始め、アメリカ・イギリスなど様々
教材 オリジナル教材  オリジナル教材
出版社(市販)教材
オリジナル教材
カラン教材

 

DMM英会話と比較

毎日1レッスン6,000円(税抜)のDMM英会話と比べると、レアジョブは同様のプランで5,800円(税抜)、さらに月8回で十分なら4.200円(税抜)のプランも候補になるので、料金面ではレアジョブの圧勝です。

一方、DMM英会話の最大の強みである100カ国以上の講師に注目すると、フィリピン人講師に限定されるレアジョブは講師の選択肢がかなり狭い印象です。

また、レアジョブは日常英会話・ビジネス英会話・中高生コースというように目的別にハッキリとプランがわかれていますが、DMM英会話はレッスン回数と講師の国籍に応じたプランという違いも。

教材についてはレアジョブはオリジナルですが、DMM英会話ではオリジナルに加えて出版社教材という市販のテキストも使えるので、自分の持っている、または興味のある教材も考慮する必要があります。

忍者
どっちも一長一短って感じだね。
Nakadomari
そうだね!
日常英会話のレッスンを費用を抑えて受けたい人、ビジネスマンや中高生の場合はレアジョブ、日本人やネイティブのレッスンも受けたいならDMM英会話がお勧めです。

DMM英会話も受けてみたので、こちらもどうぞ!

DMM英会話の口コミは?利用者200人の評判を分析【体験談あり】

2019.09.16

ネイティブキャンプと比較

講師陣はアメリカやイギリスなどの英語圏のネイティブ、日本人もそろえていてどちらかというとDMM英会話に近いのがネイティブキャンプ。

通常のプランは 5,950円(税抜)で一見レアジョブに料金面で劣る印象がありますが、ネイティブキャンプは月のレッスン回数に制限がありません

そのため、レッスンを受ける回数が多ければ多いほどネイティブキャンプはコスパがよくなります

そのうえで講師も多国籍ならネイティブキャンプ一択ではと思われるかもしれませんが、ネイティブキャンプはレッスンの予約に別途コインが必要です。

500コイン1,000円(税抜)から購入できるのですが、どれくらいのコインが必要かは講師の質・経験に左右されます。

スケジュールを立てて計画的にレッスンを取りたい場合、予約機能が標準で備わっているレアジョブの方が学習を進めやすいでしょう。

Nakadomari
計画性という点ではオプションで定期的にカウンセリングも受けられるレアジョブのメリットが大きいです。

講師や受講のタイミングにそれほどこだわりがなく、とにかくたくさんレッスンを受けたいならネイティブキャンプも有力候補になりますね!

ネイティブキャンプの口コミやレッスン受講体験談はこちら!

ネイティブキャンプの口コミは?利用者200人の評判を分析【体験談あり

2019.09.30

レアジョブを体験した私の感想

忍者
Nakadomariさんは実際にレアジョブを使ってどうだった?
Nakadomari
それじゃあ、次は僕がレアジョブを使ったリアルな感想をお伝えしますね!

レアジョブを選んだ理由

対面でもオンラインでも、英会話のレッスンは決まりきったカリキュラムがあるとは限らないので、何をどのように学ぶかがぼんやりとしがちです。

ところがレアジョブのホームページや口コミをチェックすると、カリキュラムと教材に沿った指導を受けやすいことがわかり、体験レッスンを受けることに。

僕は英語力にある程度の自信はある方ですが、いままで触れてきたのはアメリカ・イギリス・オーストラリアの英語ばかりで、フィリピン人講師が中心のレアジョブの利用は少し不安もありました。

とはいえ、実際の英会話では英語を母語としない人ともコミュニケーションを取らなければならないことはよくあるので、「むしろいろんな英語に慣れるいい機会かも!」と思いながらレアジョブを受講しました。

レアジョブの受講内容

※引用:レアジョブ

レアジョブへの会員登録後、このように30分単位の時間帯に分かれたレッスン予約画面が表示されます。

このとき14時23分でしたが、開始の5分前まで予約を取ることができるので、最短で14時半のレッスン予約ボタンが表示されています。

Nakadomari
時間帯に合った講師さえいれば思い立ったときにレッスンを受けられますね。

ちなみに、平日の17~19時台は仕事終わりの人が多いからなのか、予約が埋まりやすいです

※引用:レアジョブ

早速15時ちょうどからのレッスンを予約してみました。

予約ボタンをクリックすると自動的に初心者対応の講師が割り当てられます。今回はテラ先生のレッスンを受けることに。

レッスン内容は「無料体験レッスン教材」と書かれていて、詳細をチェックすると、どうやらレッスンを受ける中でレベルチェックテストを行い、講師が習熟度に合わせた教材を選定するようです。

それでは、実際のレッスンの様子を解説します。

レアジョブを実際にやってみた結果は?

Nakadomari
初めてのフィリピン人講師によるレッスン、結果はいかに!?

※引用:レアジョブ

開始3分前になると、専用のレッスン画面に入室することができます。左上には先生と自分の映像、そのすぐ下にはチャットボックス、右手には教材が表示されます。

レッスン時間が来て、テラ先生が入室しました。

※引用:レアジョブ

テラ先生
Hello! My name is Terah. I’ve been teaching English here for three years. Nice to meet you.
(こんにちは!私の名前はテラです。レアジョブで英語を3年間教えています。よろしくお願いします。)
Nakadomari
Hello. I’m Takashi Nakadomari. Nice to meet you!
(こんにちは。ナカドマリ・タカシです。よろしくお願いします!)

今回はレアジョブで初めてのレッスンということで、テラ先生から初回の流れについて解説がありました。最初のレッスンは下記の4つのパートから構成されるとのことです。

レアジョブの初回レッスン4つのパート

  1. Introduction(自己紹介)
  2. Level Check(習熟度測定テスト)
  3. Demo Lesson(レッスン)
  4. Feedback(先生からの評価とフィードバック)

というわけで、まずは改めてお互いに自己紹介をします。

テラ先生
My name is Terah. I live in Manila. I like cooking and watching American series. I’ve been teaching for 3 years now.

It’s nice to meet you. Then could you introduce yourself?
(私の名前はテラです。フィリピンのマニラに住んでいます。趣味は料理やアメリカドラマを見ることです。レアジョブで3年間先生をしています。
よろしくどうぞ。それでは、あなたの自己紹介をしてくれますか?)

Nakadomari
Ah…my name is Takashi. I live in Osaka, Japan. I like listening to and creating music in my free time.

I work for some online media as a writer. It’s nice to meet you.
(えっと、僕の名前はタカシです。日本の大阪に住んでいます。暇なときは音楽を聴いたり作ったりしています。オンラインメディアでライターの仕事をしています。よろしくお願いします)

レアジョブでは名前、住んでいる場所、趣味、仕事の順に自己紹介をするらしく、テラ先生が話した後にそれに対応させる形で自己紹介するように伝えられました。

この後、「どんな記事を書いているんですか?」などの質問はありましたが、今回はレベルチェックテストがあるので自己紹介のパートは早めに終了。

続いてレベルチェックテストでは、先生からいくつか質問があり、それに応答する形で現在の英語力を測ります。テストに際しては次のような注意点をテラ先生が述べていました。

テラ先生
I can only say the same question 2 times.
If you don’t understand my question, say “Pass”.
(同じ質問は2回まで聞くことができます。もし質問の意味がわからなかったら、「パス」と言ってください)

そして、実際に下記のような質問をされました。

  1. 好きな食べ物はなんですか。また、どうしてそれが好きですか。
  2. 自分の仕事についてもう少し詳しく聞かせてください。
  3. 日本でお勧めの観光スポットはどこですか。また、どのような点がお勧めですか。
  4. SNSのメリットとデメリットについて、あなたの考えを教えてください。
  5. 「名声」について、ポジティブまたはネガティブな視点からあなたの考えを教えてください。

どうやら、日常的な易しめのことから抽象度の高い高度なことの順に質問されるようです。

後ほど詳しくお話しますが、このレベルチェックテストは少し問題があるかもと思いました。僕が質問される中で率直に感じたのが、「突飛な質問だな…」ということです。

ちょっと前まで食べ物の話をしていたのに、短時間で「名声」についても語らなければならなくて、英検2級から1級レベルまでの面接を同時にされている気分でした…。

まさか急に”fame(名声)”という単語が出てくるとは思ってもいなかったので、何か所か単語を聞き直し、おそらくその分テストでは減点されたと思います。

Nakadomari
あくまでもレベルチェックテストだからなのか、こちらの回答に対してテラ先生がフィードバックをくれることはなく、「もしかしてすごい厳しい先生!?」と若干不安になったころ…
テラ先生
Thank you for answering the questions! Thank you! (満面の笑みで)
Nakadomari
Thank you…(優しくてよかった…)

ちなみに、今回の僕のレベルは“6, Intermediate (中級者)”でしたが、これに関してもレッスンの終盤でちょっとした問題が生じることに

レベルチェックテストで僕が長々と回答してしまったので、残り時間が10分ほどしかなかったのですが、テラ先生が選んだ教材を使ったレッスンが始まります。

教材は「趣味や興味」に関するもので、書かれた内容を音読したり、先生と会話のロールプレイをしたりといった指導がメインでした。

※引用:レアジョブ

教材はチャットボックスのリンクをクリックすると、このように右手に表示されます。

一通り音読やロールプレイを終え、最後にテラ先生が4段階で評価をつけます。先生がチャットに評価を入力している間、ドキドキしながら待っていました。

※引用:レアジョブ

テラ先生
Great! Your score is 4, very good. It’s very easy for you. You should take a more difficult lesson next time.
(素晴らしい!あなたのスコアは一番上の4です。とても簡単でしたね。次はもっとハイレベルなレッスンがいいですね)

そうなんです。この教材は僕にとってはとても易しめで、レベルチェックテストではうまく習熟度が測れていなかったのです

とはいえ、テラ先生は時間に合わせて教材の内容を少し変えて手短に質問してくれたり、レアジョブのシステムも詳しく教えてくれたので、充実した初回レッスンとなりました!

今回感じたレアジョブのメリットは次の3つです。

レアジョブのココがいい!

  1. 教材やカリキュラムに沿った指導
  2. 明確な達成目標と評価
  3. 初めての英会話でも「型」を習得できる

レアジョブは豊富な教材に合わせて計画的に勉強できるイメージがもともとあったのですが、実際にテラ先生のレッスンは教材をうまく活用している印象を受けました。

ただ単にテキストに載ったことを話すだけでなく、僕の仕事や出身地などと絡めた質問もしてくれたのです。

教材を使うというと決まりきったことしかしないイメージがあるかもしれませんが、むしろレアジョブは教材がメインで、講師もその使い方に慣れているのがメリットです。

また、レベルチェックテストやレッスン終盤のフィードバックは明確に数値化されており、どこまで何をやればいいか具体的に考えやすいのもポイント

そして、自己紹介の仕方がある程度決まっているなど、英会話初心者でも会話に必要なパターンを覚えやすいと思いました。

Nakadomari
例文を覚えるという勉強法があるように、英語の習得ではある程度決まりきった型を覚える必要があります。レッスンを受けてみて、レアジョブはその型の習得にとても役立つ印象が強くなりました。

一方、今回のレッスンではこんな問題点もありました。

レアジョブの気になるところ

  1. フィリピン人のアクセント
  2. レッスン画面の不安定さ
  3. 正確性にやや欠けるレベルチェックテスト

フィリピン人講師がメインのレアジョブ。今回のテラ先生もフィリピンの方でしたが、少し独特のアクセントがありました

会話のうえで問題になる程ではなかったので、僕はそれほど気にならなかったのですが、人によっては「聞き取りづらい」と思うかもしれません

また、今回のレッスンでは通信に常に2~5秒程度の遅延があったほか、テラ先生が送ってくれた教材のリンクを開いても右手にテキストが表示されないというハプニングもありました。

教材は結局別のウィンドウで開いたのですが、レッスン終了5分前くらいに本来表材されるべきところに教材が出てきました。

他社のオンライン英会話では通信に関するトラブルはなかったので、この点は気になります。

最後に、先ほど触れたレベルチェックテストですが、たった数分で統一性のない質問を使って習熟度を測るのはやや無理があるかなというのが正直な感想です。

テストの後にテラ先生が選んでくれた教材は実際にレベルに合ってなかったですし、僕と同様の経験をされた方の口コミもいくつか見られました。

習熟度を明確にしたうえで教材を選定してくれるのはとても画期的ではあるものの、現状では改善点が非常に多いという印象です。

まとめ

レアジョブの特徴や口コミ、僕の体験談をここまでお伝えしてきました。

フィリピン人講師が中心という条件さえクリアできれば、非常に取り組みやすい価格で英会話を続けられるのがレアジョブのメリットです。

特にビジネスマンの場合、英語が母語でない国の人と会話することもあるため、アクセントがある講師でもむしろそれが学校英語では得られない貴重な学びになります。

お得な料金で計画的にオンライン英会話のレッスンを受けたい方、ぜひレアジョブを検討してみてはいかがでしょうか?