25歳の転職で大手に内定した僕が、転職までの全ステップを公開!

 

新卒で入った会社で働いて、もう3年。

気がつけば25歳になっている。

社会人3年目になると、人生に悩み始める人が多いと聞いていたけど、いま自分も絶賛人生悩み中。

このまま今の会社にいるべきなのか、他のもっと良い会社に転職するか迷っている。

仕事にも慣れてきたし後輩もできた。

でも、この会社と仕事で一生食っていくイメージが全然できない。

日本社会の闇

漠然とした不安をぶつける先がなくて、堂々巡りしていませんか?

僕も25歳で人生にめちゃくちゃ悩み、転職活動を経験しました。

そこで結果的には大手企業から内定をいただくことができたのですが、本当に紆余曲折があってここに至ります。

この記事では、25歳で転職活動を経験した僕が、

▶︎人生に迷って会社を辞めるまで

▶︎不安定な時期が1年以上続き、25歳で転職活動を始めるまで

▶︎大手企業に内定をもらうまでの具体的なステップ

▶︎25歳の転職を成功させるためのポイント

を書いています。

25歳で転職に至るまで

では、25歳で僕が転職活動をはじめる経緯を紹介していきます。

新卒で入った会社を1年で辞める

僕はいわゆる新卒でIT系の中堅ベンチャー企業に入社しました。就活時に「意識高い学生」だった僕は、キラキラ感のあるその勢いのある会社に惹かれて、入社を決めました。

しかし、入ってからマーケティングの仕事をやっていたのですが、大量の作業を短時間で効率良くこなす業務との適性が合わず、精神が病んでいきました。

そんな時に、学生時代から独立・企業に憧れていたことを思い出し、勢いで会社を辞めて起業の準備を始めました。

当時、辞めると決めてから1週間で会社を辞めてしまったので、次にやることも決まっていない状態。

あまりにも無謀な退職でした(笑)

長期にわたる不安定生活に突入

そこからは、収入がなくなり、一気にお金が減り始めます。そこでやっと「このままじゃやばい!」と、気づき生活費を稼ぐためにいろんな仕事を引き受けました。

フリーランスで会社に入って仕事したり、本当にお金がやばい時はバイトしたり、地を這うように生きていました(笑)

ここから、1年以上も暗黒時代が続くのですが、書くと長くなるので、プロフィールでも見てください。

転職活動を開始

気づけば、新卒で入った会社を辞めてから2年近く経っていました。

さすがに、「この不安定な生活が続くと、一生フリーターとして生きていくかもしれない」と危機感を持ち始めます。

そこで考えました。

「一度転職活動をやってみよう。」と。

当時、僕は1社目を早期離職してしまっているので、一つの専門スキルをアピールできるほどの実力がありません。

「こんな社会不適合者を採用してくれる会社はあるのか?」と疑っていたのですが、「第二新卒」という枠で若手の募集をしている企業があると知りました。

「第二新卒」とは、一般的に新卒3年以内であれば、新卒とほぼ同じ扱いで入社できる採用枠のことです。

通常の中途採用とは違い、経験よりも、伸びしろが評価される「ポテンシャル採用」が行われます。

僕は第二新卒枠で企業を受けることに決め、転職活動を開始しました。

大手から内定をもらう

エントリーした20社程度の中から、実際の面接に進めたのは5社ほど。

最終的には外資系の大手企業に内定をもらうことができました。

転職活動を始めた当初、社会不適合だった自分がまさか大手から内定をもらえるなんて思ってなかったので、予想外の結果に驚きました。

最終面接後、内定通知を正式にもらい、記載されていた給料。

その額はなんと、新卒で働いてた会社の1.7倍でした。

「大手って、こんなに待遇いいのか!」

という驚きがありました。

25歳の転職で大手から内定をもらうまでのステップ

では、この章から25歳で転職活動を開始した僕が、どのようにして転職活動を進めたのか、その全プロセスを書いておきます。

転職エージェントに片っ端から登録

まず、ネットで第二新卒として転職する方法を調べると、どうやら転職エージェントを頼った方がいいことが分かってきました。

そこで、第二新卒でも利用できる転職エージェントに片っ端から登録。

他のエージェントとも比較したったので、合計で10社くらい登録しました。

僕が登録して使ってみた転職エージェントについては、こちらの記事を参考にしてください。

第二新卒におすすめの転職エージェント・転職サイト11選!使ってみたレビュー!

2017.07.02

第二新卒に強いエージェントや、IT業界に強いエージェントなど、複数のエージェントの特徴を調べてから申し込みました。

あまりに多くのエージェントに登録したので、登録後に、転職エージェントから面談のアポ設定の電話が殺到して戸惑ったことを覚えています(笑)

転職エージェントと面談しまくる

転職エージェントとの面談を設定した後、面談当日になるとエージェントのオフィスを訪問し、キャリアコンサルタントと面談を行いました。

面談当日は、自分の転職の軸や、長期的にどんなキャリアを作っていきたいのかを聞かれました。

ざっくりと、15分ほど話した後に、それを元に、キャリアコンサルタントが求人を印刷した紙を持ってきてくれます。

提案された求人はこんな感じです。

リクルートエージェントに提案された求人

リクルートエージェントに提案された求人

キャリアプランを考える

通常はそこから求人にどんどん申し込んでいくんですが、僕は次の転職で失敗したくなかったので、「自分の人生どうしていきたいか」というキャリアプランを作成しました。

例えば、

・10年後にどうなっていたいか?
・仕事を通してどのようなことを実現したいか?
・どんなスキルを身に付けたいか?
・どんなライフスタイルを送りたいか?

という感じのことです。

自分の場合は、「IT」「グローバル」「成長できそうな環境がある」といった感じの軸に落ち着きました。

詳しくは、こちらの記事にも書いていますので、手順に沿ってキャリアプランを作成してみてください。

複数の企業と面接をする

キャリアプランを考えて、転職の軸を明確にした後、気になる企業の求人に応募をしました。

たいていの転職エージェントで、求人の応募画面があり、「応募ボタン」を押すだけで、転職エージェントが書類の送付を代行してくれます。

合計で20社くらいの求人に応募し、書類選考に通過した5~6社と面談を行いました。

どの会社の面接でも次のようなことを聞かれました。

・転職したいのはぜですか?
・なぜ弊社を志望しているのですか?
・これまでどんな仕事をしてきたのか?
・将来はどうなりたいですか?

これらについて、ある程度筋を通して話すことができれば、面接に通過する可能性は高まります。

そして内定をもらう

合計で5~6社の面接を受けて、最終的に2社の内定をいただくことができました。

自分の転職の軸にマッチしている、外資系のコンサルティング会社と、IT系のベンチャー企業で最終的に悩みましたが、最終的にはITのベンチャー企業を選択しました。

結局、どの会社もよく見えてしまうので、かなり悩んでいたのですが、次のような軸で最終的には意思決定をしました。

・自分が5年後、10年後になっていたい姿に近づけるか?
・社長や社員が尊敬できるか、一緒に働きたいと思えるか?
・その業界に興味があるか?
・スキルや経験が活かせそうか?
・ 自分が活躍できるイメージができるか?

そして、一番最後に大切なのが、

「直感」

です。

25歳が転職するべきか、判断する基準

やりたい仕事がわからない
25歳は新卒で入った会社に勤めて、3~4年目。

おそらく社会人生活の中で、人生について最初に悩む年齢かもしれません。

そこで、転職すべきかどうかを整理するために、判断しておくべきことをまとめておきました。

転職した方がいい場合

肉体的に不調をきたしている

長時間労働や肉体労働なので、体調を壊してしまっている場合、仕事を続けることで、かなりリスクを負うことになります。
他人は難なくことなしている仕事でも、人によっては、体力に差があり、肉体的にしんどく感じてしまうことはあるでしょう。

体がしんどくて限界なのに、働き続けてしまうと、深刻な病気になって、しばらく働けない体になってしまう可能性さえあるので、そんな時は無理せず転職することをオススメします。。

自分の理想に近づくことは、今の仕事ではできない

自分の中でやりたいことが決まっているけど、今の仕事ではどう考えても、理想の自分には繋がらないと思える場合、転職を検討に入れても良いでしょう。

ただ、今の仕事で、どこに行っても通用するような、仕事の基礎能力が身につくのであれば、安易に仕事を辞めることはオススメしません。

セクハラ・パワハラを受けている

上司からのセクハラやパワハラなど、精神的な苦痛を受けている場合は、まず、社内の人事や労務に相談した方が良いでしょう。それでも環境が改善されない場合、転職した方が良いでしょう。

セクハラやパワハラがまかり通っている会社は、モラル的にかなり問題のある会社なので、そういった環境はいち早く離れた方がいいと思います。

労働条件があまりにひどい

給料があまりに低く、毎月の収支がマイナスになっている場合は、一度仕事を見直した方が良いかもしれません。

無駄遣いはしていないのに、毎月が赤字の状態になっている場合は、あまりにも給料が少ないです。

そのまま働いていても、給料が上がる見込みがない場合、早めに見切りをつけた方が良いでしょう。

転職しない方がいい場合

なんとなく仕事が嫌で、一度全てをリセットしたい

今の仕事がなんとなく嫌で、リセットする感覚で転職することはオススメしません。

なんとなく逃げの感覚で転職をしてしまうと、次の転職先でも同じような状況に直面した時に、また辞めたくなってしまうからです。

人生は一度目の前の問題から逃げると、一生その課題が追いかけてくると思った方がいいです。

なので、「なんとなく仕事が嫌」なことの原因が、本当に転職で解決できるのかを、じっくりと考えた方がいいでしょう。

人間関係がうまくいかない

セクハラ、パワハラを受けている場合、話は別ですが、人間関係がうまくいかないだけで仕事を辞めたいと考えているなら、考え直した方がいいこともあります。

どんな職場も、一人は苦手な人や合わない人がいるものです。

その人から逃げるように転職してしまうと、また同じような人に出会った時に、逃げの転職に走ってしまう可能性があります。

25歳が転職を成功させるポイント

25歳が、転職を成功させるポイントを紹介しておきたいと思います。

本当にやりたいことを優先させる

25歳であれば、まだ20代も半ばです。

独身で、まだ結婚して家族がいる人も少ないでしょう。

そんな時にこそ、自分が本当にやりたいことを、やっておくことを強くオススメします。

結婚すると、なかなか自由な時間を持つことができず、収入も安定させる必要があります。

そうすると、自分の好き勝手に、自由にやれる年齢は、20代までかもしれません。

30代になって、自由が少なくなった時に「もっと、好きなことを仕事にしておけばよかったな」と後悔しないために、25歳の転職は、自分の好きなことをすることをオススメします。

不完全でもいいのでキャリアプランを作る

人生計画やキャリアプランという言葉は、一見とても難しいもののように思えてしまいます。

でも、人生計画が全くない状態での転職は、真っ暗闇をライトを灯さずに歩いていくようなものです。

完璧でなくても、何か一つでも計画があれば、どんな仕事をすべきかという、判断軸を持つことができます。

キャリアプランの作り方はこちらを参考にしてください。

複数の転職エージェントを使い倒す

25歳での転職では、転職エージェントを利用することがオススメだとお伝えしまいた。
ただ、転職エージェントは正直、どのキャリアカウンセラーに当たるかが、転職の質を左右するのです。

キャリアカウンセラーによっては、無理やり転職を勧めてくるような悪質な人もいるので注意が必要です。

なので、転職エージェントには複数登録しておき、自分に一番相性の合うキャリアカウンセラーが所属するサービスを中心に使っていくべきです。

自分の理想を実現してる人に会う

転職活動中は、一人でもいいので、自分の憧れの人、自分が目指している人に会っておくべきです。

自分が目指している人が、どんな仕事をしてきたのか、どんな心構えで人生を生きてきたのかを聞いておくことで、自分の人生の指針の参考になるかもしれません。

できれば、転職エージェントとは別に、第三者的に転職の相談に乗ってくる「メンター」的な存在を一人持っておくと、とても安心して転職活動を進めることができます。

25歳の転職はまだ失敗が許される

大企業

25歳はまだ20代半ば。

まだ、失敗は許される年齢です。

なので、本当にやりたいことがあるなら、失敗を覚悟でチャレンジしてみるべきです。

実際に僕は24歳で起業して、再び就職するという決断をしましたが、若いうちであれば失敗すればするほど、その後の人生が有意義なものになると感じています。

なので、失敗を恐れず、やりたい仕事に向けて、一歩を踏み出すことを応援しています。

25歳にオススメの転職エージェントTOP5

>>>【No.1】一人あたり20時間もの転職サポート!「第二新卒ナビ」

>>>【No.2】全ての転職希望者にとって必須「リクルートエージェント」

 >>>【No.3】7週間の営業研修が無料で受講できる「ジェイック」

>>>【No.4】第二新卒の求人だけで2300件以上!「いい就職,com」

>>>【No.5】IT・WEB業界なら間違いなくココ!「ワークポート」

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

スポンサーリンク