【徹底比較】スパルタ英会話とライザップイングリッシュの違いはコレ!

スパルタ英会話とライザップイングリッシュ、どちらのスクールを選ぼうか迷っていませんか?

スパルタ英会話もライザップイングリッシュも、どちらもスパルタコーチングスクールのイメージが強いですが、どんなところが違うのでしょうか。

今回は、スパルタ英会話とライザップイングリッシュの違いを料金やレッスン内容、設立背景や支払い方法など、さまざまな角度から比べていきます。

スパルタ英会話VSライザップイングリッシュの最大の違いはコレ!

スパルタ英会話とライザップイングリッシュの違い
  • スパルタ英会話はネイティブのグループレッスン受け放題、、ライザップイングリッシュはネイティブレッスンなし
  • スパルタ英会話は受講時間以外はフォローなし、ライザップイングリッシュは常にLine、メールでフォローあり
  • スパルタ英会話はスピーキング中心、ライザップイングリッシュはリーディングもしっかりと

スパルタ英会話は超スパルタなの!?実際に受講して検証した感想は..

2018.07.19

【口コミ・評判】ライザップイングリッシュ受講者3人に聞いたの本音の感想

2018.12.21

スパルタ英会話のレッスンは、外国人講師とのマンツーマンレッスン、外国人講師とのグループレッスン、日本人コンサルタントによるサポートという3つのアプローチにより英語力を向上させるコーチングスクール。

対するライザップイングリッシュは、日本人バイリンガルトレーナーが徹底的に生活リズムにまで踏み込んで、英語学習を習慣化させることで英語力を向上させるコーチングスクールです。

スパルタ英会話がスピーキングを中心にカリキュラムを組んでいるのに対し、ライザップは単語も文法もしっかりトレーニングに組み込まれており「英語力向上」のためのアプローチはどちらも異なります。

スパルタ英会話とライザップイングリッシュ、おすすめの人まとめ

まず始めにそれぞれのスクールがおすすめの人を整理しておきます。

スパルタ英会話がおすすめの人
  • ネイティブ講師とレッスンしてアウトプット力を鍛えたい人
  • とにかく会話の時間を圧倒的に増やしたい人
  • 留学前の準備をしたい人
  • 宿題はそんなにがっつりやりたくない人
  • オンラインと通学を組みわせて学習したい人
ライザップイングリッシュがおすすめの人
  • ライザップ式のトレーナーから徹底して「お尻たたき」をしてほしい人
  • 日本人講師とレッスンをして英語の理解度を高めたい人
  • 英語が口から出るまで時間がかかってしまう人
  • 宿題もしっかり行なって英語学習を習慣化させたい人
  • スクールの近くに自宅や仕事場がある人

以下は、料金や受講のゴールなど複数の点を徹底して比較していますので、必要な部分だけご覧ください。

スパルタ英会話VSライザップイングリッシュを料金で・コースで比較

スパルタ英会話 ライザップイングリッシュ
ゴール ・英会話力アップ
・自分で設定できる
・英会話力アップ
・自分で設定できる
受講期間 3ヵ月、4ヶ月、6ヶ月 1ヶ月〜4ヶ月
入会金 50,000円 50,000円
受講料金 450,000円 450,000円
トータル 500,000円 500,000円
1ヵ月あたり 167,000円 167,000円
レッスンあたり 約2万円 約2万円
返金保証 契約後8日以内の申し出で返金可能 30日無条件全額返金保証
割引 割引なし 一般教育訓練給付金制度あり
(最大10万円支給)
支払い方法 現金、分割、クレジットカード 現金・分割・デビットカード
支払い回数 3ヶ月コースの場合3回まで手数料0円 60回まで可能(金利19.8%)

*価格は税抜き表記
*スパルタ英会話は3ヶ月コースで、マンツーマンレッスンの回数で比較
*ライザップイングリッシュは「TOEICスコアアップコース3ヶ月コース」で比較
*ライザップイングリッシュの一般教育訓練給付金制度は「TOEICスコアアップコース」にのみ適用

スパルタイングリッシュは割引を設けていませんが、グループレッスン1ヶ月分プレゼントや、オリジナルテキストプレゼントなどのキャンペーンを行なっていることもあります。

料金で比較するとスパルタ英会話の方がお得

スパルタ英会話の3ヶ月コースと、ライザップイングリッシュのTOEICスコアアップコース3ヶ月コースでは、コース料金は全く同じとなっています。

スパルタ英会話のマンツーマンレッスンは週に2回50分、ライザップイングリッシュのトレーナーとのセッションも週に2回50分となっており、これだけで比べると1回あたりのレッスン料金も同じです。

しかし、スパルタ英会話の場合は、外国人講師とのグループレッスンとオンラインレッスンが受け放題ですので、大変お得となっています。ちなみにグループレッスンは最大1日10時間の受講が可能。

グループレッスンとオンラインレッスンを1ヶ月100時間受けた場合、1レッスンあたりの単価は3,571円となり、レッスン単価は一般的な英会話スクールよりもかなり安くなります。

スパルタ英会話では、オンラインレッスンとグループレッスンをフルに活用した場合、マンツーマンレッスンと合わせて100時間以上の受講が可能。まるで海外留学をしているかのように英語に触れられ、その量は業界NO1となっています。

スパルタ英会話とライザップイングリッシュを比べたところ「スパルタ英会話の方がお得」という結果になりました。

支払い方法ではライザップイングリッシュがより柔軟に対応

支払い方法に関しては、スパルタ英会話は基本的に3ヶ月コースですと3回までしか分割できません。一方のライザップイングリッシュでは金利はかかりますが、最大60回まで分割払いが可能

ライザップイングリッシュの金利は19.8%かかりますので、手数料なしで分割したい方はスパルタ英会話の方がおすすめですが、3回以上の分割払いにしたい方はライザップイングリッシュがおすすめです。

スパルタ英会話VSライザップイングリッシュを受講内容で比較

スパルタ英会話 ライザップイングリッシュ
コース ・3ヶ月コース
・4ヶ月コース
・6ヶ月コース
・スパルタVRコース
・TOEICスコアアップコース
・スピーキングコース
・英会話力養成コース
・ベーシックコース
レッスン回数 マンツーマントレーニング(週2回50分)
グループレッスン(回数制限なし)
オンラインレッスン(週2回25分)
24回(週2回50分)
講師 外国人講師 日本人バイリンガル講師
学習教材 オリジナル オリジナル教材と市販の教材
スクール以外の
フォロー
・LINEでのサポート
・オンライン電話
・動画アプリ
トレーナーと毎日メールで連絡を取り合う
学術的根拠 脳科学メソッド 特になし
アフターフォロー フォローアップコースあり(月謝制) 継続コース
4回 745,000円
8回 149,000円
16回 290,000円
24回 420,000円
32回 544,000円
48回 792,000円
64回 1,024,000円

*価格は税抜き表記
*スパルタ英会話は3ヶ月コースで比較
*ライザップイングリッシュ「TOEICスコアアップコース3ヶ月コース」で比較

学習スタイルではスパルタ英会話は「大量のスピーキング練習」、ライザップイングリッシュは「4技能バランス良く英語力を上げる」

スパルタ英会話は、グループレッスンとオンラインレッスンを使って、とにかく大量のアウトプットをします。

外国人講師とのスピーキングは、決してフリートークではなく、自己紹介をしたり、日本の文化について紹介したり、飲食店で外国人を接客するという設定でロールプレイを行なったりと、多角的なシチュエーションからアプローチをするのが特徴です。

スパルタ英会話のコースはテーマ別で「自己紹介・シーン別英会話」や「ビジネス交渉英語・ビジネス会議英語」など自分に合ったテーマから選ぶことができます。

カリキュラムは脳科学の専門家前野隆司氏が監修した、脳科学メソッドを使って行われていますので、学習した物事を忘れる前に復習し記憶に定着させることができるのです。

さらにスパルタ英会話では、2018年よりVRを使ったサービスも開始されました。これは、最新技術のVR(仮想現実)を使って、英語を話すための自信をつけていくコース。外国人と話すとあがってしまう、という方におすすめです。

スクール以外のサポートとしては、500本以上のレッスン動画が収録された「Video Lesson」が利用できますので、通勤時間などを有効活用できます。

一方のライザップイングリッシュは英語力を単語力、文法力、リスニング力、処理能力に分けて、底から英語力を上げていくイメージ。

ライザップイングリッシュでは日本人バイリンガルトレーナーと一緒に「セッション」と呼ばれるレッスンを行います。このセッションでは、英語力をバランス良く鍛えるだけでなく、発音指導までしっかり行なっているのが特徴です。

またライザップイングリッシュにはTOEICスコアアップコースもあり、3ヶ月で250点アップという実績も残しています。

ちなみにライザップイングリッシュでは毎日トレーナーにオンラインで学習報告を送るのですが、返事も丁寧ですぐに返ってきますのでサポートもバッチリです。

スクール以外でのサポートは、スパルタ英会話は動画アプリを使って英語学習ができたり、ライザップイングリッシュは毎日メールでトレーナーとやりとりができたりと、スパルタ英会話もライザップイングリッシュもどちらも充実しています。

レッスンスタイルで比較するとスパルタ英会話はマンツーマンとグループ、ライザップイングリッシュはマンツーマン

スパルタ英会話のレッスンは、ネイティブ講師との対面マンツーマン、オンラインマンツーマンに加え、来校でのグループレッスンもあります。

グループレッスンは1人の外国人講師に対して最大10人の受講生が集まりますので、マンツーマンでじっくりと学習したい人には向かないかもしれませんが、複数の人がいる中で英語を上手く話す練習をしたい人には向いています

スパルタ英会話の場合は、外国人講師は基本的に固定ではありません。いろいろな英語を聞くことで英語力を上げていくためです。曜日と時間に関しては固定制となっています。

一方ライザップイングリッシュは週に2回トレーナーとマンツーマンでレッスンが受けられます。ライザップイングリッシュのセッションの日程は毎回自由に決めることが可能。

日本語での指導もできますので理解できないまま進んでしまうことがありません。

またライザップイングリッシュでは「高速レスポンス型トレーニング」というトレーニングを採用しており、英語を高速で理解して口から出せるようにトレーナーが指導していきます。

ライザップイングリッシュでは専属トレーナーがつきますので受講生のレベルや、毎回の学習の進捗度などを常に共有することができます。

トレーナーと一緒に伴走している感覚で英語学習ができますので、厳しい英語学習を一人で最後までやりきる自信がない方にもおすすめです。

宿題はスパルタ英会話もライザップイングリッシュもどちらもある

スパルタ英会話の宿題は

  1. 動画を見て学習をする宿題
  2. 英語の文章を覚えてくる宿題
  3. オーダーメイドの宿題

の主に3種類となっています。具体的には、音読をして音読のタイムを測ったり、オンラインで授業の復習をしたり、シャドーイングをしたり、という内容です。

スパルタ英会話のカリュキュラムと同じように、宿題もスピーキングが中心。来校時のレッスンで最大限に力が発揮できるように準備する、といった宿題が多いです。

一方ライザップイングリッシュの宿題は「シュクダイ」と呼ばれ、1日3時間ほどかかる宿題が出されます。とにかくライザップイングリッシュの宿題の量は膨大で、内容によっては3時間では終わらないことも。

1日3時間もの「シュクダイ」をこなすのは決して楽ではありませんが、通勤時間や仕事の昼休みの時間などを活用して合計で3時間の学習時間が取れるように学習計画を提案してくれますので、受講期間が終わってもそれが英語学習の習慣になるというメリットもあります。

「シュクダイ」の内容は

  1. 単語の暗記
  2. 文法の暗記
  3. テスト勉強

トレーナーとのセッション(レッスン)では理解度を確認するための小テストがありますので、そのテスト勉強も「シュクダイ」となります。

スパルタ英会話VSライザップイングリッシュを「設立背景」で比較

スパルタ英会話を運営するのは、株式会社スパルタ英会話。

株式会社スパルタ英会話は2014年設立の英語教育事業を提供する会社です。キャッチフレーズは「英語学習で人生にブレーキをかけない」で、設立間もない会社ですが、テレビなどのメディアでも紹介されるなど注目度は抜群。

代表の田井氏は、自身がカナダに留学していた経験を生かして、自分が実際に試した「英語で独り言を言う」という勉強法を受講生にも伝えるなど「徹底的に英語を口に出す」ことの大切さを伝え続けています。

一方のライザップイングリッシュの母体は、健康食品の製造やダイエット食品などの販売を行うライザップグループ。設立は2003年で、もともとダイエットプログラムなどを提供するボディメイクジムを運営していました。

ライザップイングリッシュができたのは、2016年。「結果にコミットする」というキャッチフレーズでも知られているように、ブランド力は抜群です。

スパルタ英会話VSライザップイングリッシュを「通いやすさ」で比較

スパルタ英会話 ライザップイングリッシュ
立地 ▼東京2拠点
新宿御苑、自由が丘
▼都内9拠点
新宿、新宿御苑、池袋、銀座
渋谷、日本橋、赤坂見附、秋葉原、新橋
自習室 期間内使い放題 期間内使い放題
オンラインのみの受講 △法人のみ ×
営業時間 平日 10:00〜21:00
土日祝日10:00-18:00
7:00〜23:00(年中無休)

スクール数ではライザップイングリッシュの方が多い

スパルタ英会話とライザップイングリッシュのスクール数を比べてみると、スパルタ英会話が都内に2校しかないのに対し、ライザップイングリッシュは都内に9校ありますので、通いやすさではライザップイングリッシュが上をいっています。

スパルタ英会話の新宿御苑校はJR新宿駅から徒歩2分、自由が丘校は東急東横線の自由が丘駅から徒歩5分と、どちらも駅近で便利な立地となっています。

ちなみに第一号店は新宿御苑校で、大変人気となったため自由が丘に第二号店がオープンしました。また、もともとスパルタ英語の「スパルタ」とは「世界で通用するスパルタ戦士のような人材を育てたい」という意味が込められていましたが、だんだん「厳しく指導する」という意味の「スパルタ」に変わっていったそうです。

対するライザップイングリッシュは、都心を中心に9校があり全ての校舎が徒歩10分以内とアクセスも便利

ライザップイングリッシュの通いやすいアクセスは、忙しい社会人にとっては、メリットだと言えるでしょう。

オンラインコースはどちらも対応していない

スパルタ英会話もライザップイングリッシュもオンラインコースには対応していません。

ただし、スパルタ英会話は法人であればオンラインコースで受講ができます。

営業時間はライザップイングリッシュの方が長い

スパルタ英会話は年中無休で平日は10時〜21時、土日祝日は10時〜18時まで営業しています。平日の営業時間がやや短く、残業のある方は通うのが難しいかもしれません。平日仕事の方は、オンラインレッスンを上手く活用する必要がありそうです。

一方のライザップイングリッシュは年中無休で朝7時〜夜11時まで営業しています。朝仕事に行く前や仕事帰りに寄れるので便利です。

スパルタ英会話は営業時間が短いため、プログラムに24時間いつでも受けられるオンラインレッスンが組み込まれており、通学スタイルと上手に組み合わせるための工夫がなされています。

対するライザップイングリッシュは週2回の通学が必要ですが、スクール数も多く営業時間も長いので、通学スタイルでも続けやすいです。

「通いやすさ」で比べると、ライザップイングリッシュの方が通いやすいと言えるでしょう。

まとめ

今回はスパルタ英会話とライザップイングリッシュを料金やレッスン内容などのポイントから比べました。

スクールの情報が分かったら、続いては実際に体験に行って自分の目で確かめてみるのが一番です。同じ体験レッスンでも、人によって感じ方は違うものですよね。

スパルタ英会話もライザップイングリッシュもどちらも人気スクールで、2020年のオリンピックの影響もあり無料体験レッスンが混み合うことが予想されます。

英語を始めるなら1日でも早く始めるのがおすすめです。さっそく無料体験レッスンに申し込んでみましょう。

【厳選】結果の出る英会話スクール12選!

 

「今年こそは、英語をなんとか身につけたい…」「でも、英語の独学には限界がある…」。

そんな方におすすめなのが、結果にコミットする「コーチング型」の英会話スクールです。

「コーチング型スクール」は、一般的な「ネイティブ講師と話すだけ」の英会話スクールと比べ、効果的な勉強法で、しっかりと学習時間を確保するスタイル。

それにより、「3ヵ月で英語の会議に参加できるようになった!」など、圧倒的に結果が出ることで評判です。

ここでは、20社以上の英会話スクールに実際に足を運んでレッスンを受けた僕が、「コーチング型」の英会話スクールを合計で12社厳選して紹介しています。

詳細は以下バナーからご覧下さい↓↓↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA